出口がない

59 の用例 (0.00 秒)
  • どこかに出口がないかと、二十回ぐらい部屋の中をまわったでしょうか。 アレクサンドル・デュマ/江口清訳『三銃士(下)』より引用
  • 自分自身でさえ出口がないっていうのに、先輩を抱きとめても意味がない。 奈須きのこ『月姫 太陽(シエル・グッドエンド)』より引用
  • その事務室はほかに出口がないことは彼らはよく知っていた。 光瀬龍『紐育、宜候 SF〈太平洋戦争〉』より引用
  • ここから出たかった、出口がないのはわかっていたが、それでも出たかった。 若竹七海『悪いうさぎ』より引用
  • 水流に乗って進む以上、出口がないからといって、後戻りは絶対できない。 鈴木光司『仄暗い水の底から』より引用
  • 当出口を過ぎると、東行きは名古屋第二環状自動車道まで出口がない。
  • 即ち体主霊従の文明は光の出口がないといふことになる。 出口王仁三郎『三鏡 『水鏡』『月鏡』『玉鏡』 kgm 1 20060303』より引用
  • 別の出口がないか、リディアは建物の奥を調べることにした。 谷瑞恵『伯爵と妖精 第02巻 あまい罠には気をつけて』より引用
  • 煙の出口がないのでボロボロ涙をながしながら、雪をとかして湯をつくった。 板倉勝宣『春の上河内へ』より引用
  • 僕は何か暗い、寂しい穴に落ち込んでいて、どこにも出口がないような気がするんだ。 ロレンス/吉田健一訳『息子と恋人 下巻』より引用
  • とはいえ、この悲劇には終局が、運命には出口がないのだろうか。 熊野純彦『レヴィナス入門』より引用
  • 東側 - 駅には東側に出口がなく、西側から地下道を経由する。
  • 下に出口がないと決まったわけじゃなし。 深沢美潮『フォーチュン・クエスト 第3巻』より引用
  • が庭から世の中への出口がないのだ。 直木三十五『秘密の庭』より引用
  • ほかには出口がないのだから、してみるとセントクレア氏はこの窓からのがれ出たのであろうか。 ドイル『唇の捩れた男』より引用
  • もっとも、ブレードは城塞じょうさい都市ではないので、門以外にも出口がないわけではない。 水野良『ロードス島戦記 6 ロードスの聖騎士(上)』より引用
  • しかもアパートから通りへは、一本道で出口がないのだ。 梶山季之『現代悪女伝・性の深淵』より引用
  • 一匹のはえだって冬になれば、窓硝子ガラスに突進して自殺するというのに、ここには出口がない。 秋山駿『人生の検証』より引用
  • それゆえ反対の山腹を降りて、もしかすると出口がないかもしれない狭い峡谷にはいって行かねばならない。 ヴェルヌ/大久保和郎訳『グラント船長の子供たち(下) 地の果ての燈台』より引用
  • 私がこれまで何度となく出口がないか、くぐりぬけて島の外の岸まで出られるような壁の断層か亀裂きれつでもないかと捜したのはこのあたりだった。 ヴェルヌ/大久保和郎訳『悪魔の発明』より引用
  • 次へ »