出勤

全て 名詞
3,556 の用例 (0.01 秒)
  • さっきは出勤姿のように思ったが、私はそれほどよく見たわけでもない。 阿刀田高『箱の中』より引用
  • 一月一杯は店に出ていたが、二月に入ってからは一度も出勤していない。 上野正彦『死体は知っている』より引用
  • つぎの日の朝、青年は会社へ出勤しようと、バスの停留場に立っていた。 星新一『地球から来た男』より引用
  • 朝陽を浴びている参謀は、雄一自身の家から出勤してきたばかりなのだ。 松本清張『絢爛たる流離』より引用
  • 主人が出勤したあとだと云えば、その晩は家に居たということになるのだ。 松本清張『事故 別冊黒い画集1』より引用
  • 妻女はあっても子供の世話かなにかで二、三時ごろでなくては出勤しない。 北大路魯山人『握り寿司の名人』より引用
  • 休日出勤も、会社の金で趣味を満足させるための口実かもしれなかった。 馳星周『M(エム)』より引用
  • 彼は課長になってから常に人よりも三十分ほど早く出勤している。 森村誠一『分水嶺』より引用
  • 終わった後まだ彼の出勤には時間があったので、一緒にご飯を食べに出た。 岩井志麻子『恋愛詐欺師』より引用
  • 星は朝はやく出勤すると、まっさきに目に入った若い社員に声をかけた。 星新一『人民は弱し 官吏は強し』より引用
  • 教室に出勤したとき、まだ解剖の予定が一件も入っていなかったのだ。 椹野道流『鬼籍通覧6 亡羊の嘆』より引用
  • 出勤するときには使えた電話が、帰るときには役に立たなくなっている。 森村誠一『人間の証明』より引用
  • 出勤して一時間ぐらいたつと、社員の女の子のひとりが私の所にやって来た。 山本文緒『きっと君は泣く』より引用
  • 明日の出勤前に、人の目にはこの服装がどう映るかのテストができる。 山崎マキコ『ためらいもイエス』より引用
  • 父を見送るために、伯爵邸への出勤は午後からにしてもらってあった。 谷瑞恵『伯爵と妖精 第04巻 恋人は幽霊』より引用
  • 朝に出勤していく人々の顔は、今ではすっかり頭に刻み込まれている。 村上春樹『1Q84 BOOK3』より引用
  • 何も知らない一般行員は、日曜日の休みで元気を回復して出勤して来た。 松本清張『日本の黒い霧(下)』より引用
  • 少年の父は出勤していたし、母はある会合のため町の中央部に出かけていた。 星新一『声の網』より引用
  • ところがある日、いつものように出勤したきり、父親は帰ってこなかった。 向田邦子『隣りの女』より引用
  • 芸能界のような挨拶あいさつが聞こえ、ようやくホステスが出勤して来たらしい。 阿刀田高『花惑い』より引用
  • 次へ »