出來るから

17 の例文 (0.00 秒)
  • 一時間もかかれば出來るから、あれを石燒にして馳走しようといふのだ。 ...
  • かれのいふそらくさ建物たてものは、彼女かれこゝろにすぐづいて思浮おもひうかべることが出來できるからであつた。 ...
  • 老語部を登場させたのは、何も之を出した方が、讀者の知識を利用することが出來るからと言ふのではない。 ...
  • 人間が他の動物より進化論的に區別の出來るのは、人間は直立して歩くことが出來るからださうです。 ...
  • これは亡くなつた本を書いておくと、一時亡くなつた本も或は搜し出すことが出來るからである。 ...
  • さうすれば君はその鞄と、その所屬物とを、君の眞直な良心に適ふやうに處分出來るからね。 ...
  • お鳥のセルの被布ひふが六日の朝出來るから、その日を出發ときめて、義雄は氷峰に相談して見た。 ...
  • それは妻子を復活せしむることが出來るからです。 ...
  • 詩の教といふのは必ずしも韻を蹈んでゐるばかりでなしに、その詩の精神といふものが、事を論じ、ものを形容するのに自由自在であつて、如何なる方法にでも思想を表現することが出來るから、それであらゆる著述といふものは詩教から出發するのである。 ...
  • 正月ごとに私の此處に來ますのは、一つはその時に押懸けて來る所謂いはゆる年始客から逃るゝためでもあるのですが、本統はその頃此處に來てゐますと梅の花の咲き始めを見ることが出來るからです。 ...
  • しかるに經驗はロゴスに於て表現されることによつて救はれ、公共性を得て、安定におかれることが出來るから、我々の經驗がロゴスの指導のもとに立つてをり、また立つことが出來る限り、我々には何の不安も起ることがない。 ...
  • けれども吾妻鏡に記載してある時代は、此記録を第一の便りとして、兎に角見當をつけることが出來るからまだしもであるが、鎌倉時代の後半、即吾妻鏡を離れた時代に入ると、何を重な史料として研究したらよいのか、殆ど雲をつかむやうな氣がする。 ...
  • 何となれば之を事物に即して見るが故に、事物を離れて存在する絶對を作出す如き見方を自然に防止することが出來るからである。 ...
  • 而も、沖繩語普通の倒置修飾格と考へる事が出來るから、「親しい母」と言ふ位の意を持つ。 ...
  • 父の家業が穀屋であるので此度は辛棒出來るからと父へ泣きついて幾らかの資本を貢いでもらつて小さながらも水戸で穀屋の店を開いて居る。 ...
  • 作意派の筆法を稽古すると、古來から相傳の筆を用ひ、相傳の法に檢束される必要があるけれども、率意派によると云ふことになると、總てのものを廢して、さうして勝手に自分で適當なる方法と考へた所で、其の筆の用ひ方、筆の作り方も總て自由にやることが出來るから、それで一時大に行はれるに至つた。 ...