出す

全て 動詞
49,783 の用例 (0.03 秒)
  • 私の生命全体が涙を私の眼からしぼり出したとでもいえばいいのか知らん。 有島武郎『小さき者へ』より引用
  • まあそれもお前が先きに手を出すと云ふ法はないのだから仕方がない。 伊藤野枝『火つけ彦七』より引用
  • 彼はまたふと、一年半の戦場の生活を、遠い昔のことのやうに思ひ出す。 岸田国士『泉』より引用
  • 患者は何か物思ひに沈んでゐるといふやうな調子で、小声で言ひ出した。 森林太郎『笑』より引用
  • 二度目に打ち下した鏝の下で、彼女はもう声を出すことも出来なかった。 大倉燁子『魔性の女』より引用
  • のみならずそれは聞え出したと思うと、急にこう云う怒鳴り声に変った。 芥川竜之介『トロッコ』より引用
  • のみならず同伴の外国人の男女なんにょと愉快そうに笑ったり話したりし出した。 芥川竜之介『カルメン』より引用
  • そして倶楽部へ顔を出すようになったのは、ようやく昨日からであった。 海野十三『宇宙尖兵』より引用
  • だが今度はさらに開け始めたばかりの鉱山に手を出そうというのである。 渡辺淳一『花埋み』より引用
  • 私は思わずゾッとなって、このことは口に出すまいと決心いたしました。 大阪圭吉『幽霊妻』より引用
  • 鳥でもけものでも虫までもそうなので、声を出すものは一つもありません。 夢野久作『オシャベリ姫』より引用
  • どこも悪くないと医者にいわれてほっとした感じを出そうとしたのだった。 フィルポッツ/井内雄四郎訳『闇からの声』より引用
  • しかし或事業の失敗した為に僕は又河童の国へ帰りたいと思ひ出しました。 芥川竜之介『河童』より引用
  • 彼は駈け出したまでは知っていたが、あとのことは全然知らなかった。 犬田卯『橋の上』より引用
  • 自分はすぐに松岡が書くと云つてゐる、三幕物の戯曲の事を思ひ出した。 芥川竜之介『あの頃の自分の事』より引用
  • のみならずそれは聞え出したと思ふと、急にかう云ふ怒鳴り声に変つた。 芥川竜之介『トロツコ』より引用
  • 自分の娘に手を出そうとしていた馬の骨を憎悪しているように聞こえた。 馳星周『生誕祭(下)』より引用
  • そこがこの頃になつて見ると、だんだんあいつの気になり出したんだ。 芥川竜之介『南瓜』より引用
  • と云ったが、風波が激しいので何人たれ一人舟を出そうとする者がなかった。 田中貢太郎『義猫の塚』より引用
  • のみならず今のストリントベルグのタイも黒と白だつたのを思ひ出した。 芥川竜之介『歯車』より引用
  • 次へ »