出かける時

205 の用例 (0.00 秒)
  • 時折散歩に出かける時、竜太の足は小学校のある方向に向けられていた。 三浦綾子『銃口』より引用
  • 冬の午後、散歩に出かける時に火を十分に起こしておくことがあった。 ソロー/神原栄一訳『森の生活』より引用
  • もちろん、私を連れて出かける時にも化粧はしていたのだろう。 東野圭吾『殺人の門』より引用
  • 今まで大阪へ芝居見物や市内見物に出かける時も、染子は京都を根拠にしていた。 平岩弓枝『黒い扇』より引用
  • で、だれにも内緒で、出かける時もひとに見られないようにしてくれないか。 横溝正史『刺青された男』より引用
  • 鍵をかけるのは自分が眠る時だけで、出かける時はドアを閉めるだけ。 奈須きのこ『空の境界 (上)』より引用
  • 会員制のクラブや都心のシアター、国内旅行や取材に出かける時使用する。 森瑤子『アイランド』より引用
  • そして彼女と出かける時は電車も二等へ乗らなければならない。 谷崎潤一郎『痴人の愛』より引用
  • そして、どこかに出かける時には大勢のボディガードがついていく。 ニーヴン&パーネル『悪魔のハンマー〔下〕』より引用
  • 家族揃って夏の旅に出かける時、私はいつも留守の者に云い残した。 豊島与志雄『樹を愛する心』より引用
  • 何人かの女の子や男の子と一緒に遊びに出かける時も、彼には、黙っているようになった。 田中康夫『スキップみたい、恋みたい』より引用
  • でも、十時ごろメー夫人のところへ出かける時に持って出ました。 ダイン/鈴木幸夫訳『僧正(ビショップ)殺人事件』より引用
  • イエ・タイが出かける時あとをつけて行けば、その隠れがへ連れていってくれる。 フーリック/大室幹雄訳『中国鉄釘殺人事件』より引用
  • 出かける時に小君は姉に返事をくれと言った。 与謝野晶子『源氏物語』より引用
  • それだけでもヒドイのに、その後も出かける時に借りたりしてた。 中村うさぎ『浪費バカ一代 ショッピングの女王2』より引用
  • いよいよ出かける時になって始めて中村先生の声がすぐ側に聞えた、松本君の元気のいい声も聞えた。 寺田寅彦『病中記』より引用
  • 出かける時、オレの頭にはいつもと違う何かが芽生え始めていた。 鈴木光司『リング』より引用
  • 出かける時となにも変わらず、彼女はそこにねむっている。 秋田禎信『エンジェル・ハウリング 第03巻』より引用
  • セイバーはと言えば、出かける時にあの姿のままで出ようとしたのを止めた時から無言だ。 奈須きのこ『Fate/stay night 凛 Unlimited Blade Works TrueEnd Brilliant Years』より引用
  • 家を出かける時はいつもポケットに金をいっぱい入れていたが、帰って来る時にはみな無くなっていた。 ユゴー・ヴィクトル『レ・ミゼラブル』より引用
  • 次へ »

出かける時 の使われ方