出かける仕度

34 の用例 (0.00 秒)
  • もうそろそろ出かける仕度をしなければならない時間になって来てしまった。 宮本百合子『獄中への手紙』より引用
  • かなめはまるで取り合わず、笑って席を立ち、出かける仕度したくをはじめた。 賀東招二『フルメタル・パニック!短編集03 自慢にならない三冠王?』より引用
  • 宝来屋のおなみを送り出してから、お文は急いで出かける仕度をした。 宇江佐真理『髪結い伊三次捕物余話 幻の声』より引用
  • 出かける仕度をしている母は、見たところ、楽しそうでさえあった。 赤川次郎『アンバランスな放課後』より引用
  • 私は出かける仕度したくをしてから、有恵の家に電話してみた。 赤川次郎『アンバランスな放課後』より引用
  • 一恵は、居間を出ると二階へ上り、急いで出かける仕度をした。 赤川次郎『天使と悪魔』より引用
  • 彼はポケットから首巻を取り出し、これ見よがしに出かける仕度だ。 ウルフ/鈴木幸夫訳『波』より引用
  • 紀子は、もうブレザーの制服姿で、出かける仕度をして、コーヒーを飲んでいる。 赤川次郎『MとN探偵局 悪魔を追い詰めろ!』より引用
  • まだ食べかけの、太田の皿まで片付けてしまうと、手早く出かける仕度したくをして来た。 赤川次郎『冬の旅人』より引用
  • そのとき、教授が立ち上って、帽子をとり、出かける仕度をした。 ヴェルヌ/金子博訳『地底旅行』より引用
  • 「わしらの系のことをむかしから知ってたわけじゃない」ぼくに出かける仕度をさせながら、ンババがいった。 クロウリー『エンジン・サマー』より引用
  • 午後になると、庄之助が出かける仕度をしている。 平岩弓枝『御宿かわせみ 12 夜鴉(よがらす)おきん』より引用
  • ジョーゼフは主人の椅子のそばに立って、びっこの馬がどうしたとか話していましたし、ヘアトンは干し草畑へ出かける仕度をしていました。 エミリー・ブロンテ/岡田忠軒訳『嵐が丘』より引用
  • 夜勤で、かえったのは朝七時半ごろだったが、夕方四時には、また出かける仕度をしなければならない。 宮本百合子『三月の第四日曜』より引用
  • 出かける仕度したくをしていると、玄関げんかんのチャイムが鳴った。 赤川次郎『こちら、団地探偵局』より引用
  • 龍之進は頭ができると、すぐさま出かける仕度をする。 宇江佐真理『髪結い伊三次捕物余話 君を乗せる舟』より引用
  • 電話を切って、宮田は急いで出かける仕度をした。 赤川次郎『天使と悪魔』より引用
  • 博雅よ、おまえも出かける仕度をしておくといい。 夢枕獏『陰陽師太極ノ巻』より引用
  • 出かける仕度をしている間じゅう、つや子と口をききながらも、佐野学もつかまったという、さっきの言葉が伸子の頭からはなれなかった。 宮本百合子『道標』より引用
  • そしてあくる朝は早くから出かける仕度をしていた。 マロ・エクトール・アンリ『家なき子』より引用
  • 次へ »