出かけるつもり

87 の用例 (0.00 秒)
  • というのは、あとでどこかに出かけるつもりなんだな、とおれは思った。 クリスティ/一ノ瀬直二訳『秘密組織』より引用
  • まだ一月の二週目だが、一日二日したら馬に乗って出かけるつもりだ。 エミリー・ブロンテ/岡田忠軒訳『嵐が丘』より引用
  • 僕が言い出さなくても涼宮さんはどこかに出かけるつもりだったでしょう。 谷川流『涼宮ハルヒの退屈』より引用
  • 僧は二、三日中に、オスティアの方へ遊山に出かけるつもりだと答えた。 スタンダール/宗左近訳『カストロの尼』より引用
  • してみると、達也ははじめから二晩泊りで出かけるつもりだったのだ。 松本清張『事故 別冊黒い画集1』より引用
  • 上着を着ていないところを見ると、やはり遠くに出かけるつもりはなさそうだった。 村上春樹『1Q84 BOOK3』より引用
  • 彼はその金で、かねて計画を立てているヨーロッパ旅行に出かけるつもりである。 森村誠一『精神分析殺人事件』より引用
  • 猫といえども相当の時機が到着すれば、みんな鎌倉かまくらあたりへ出かけるつもりでいる。 夏目漱石『吾輩は猫である』より引用
  • とはいえどこにも出かけるつもりもなく、笠置町邸に置いてもらっている本を取りに行った。 林亮介『和風Wizardry純情派 2』より引用
  • もちろん、父がいなくても、出て来たからにはどこかに出かけるつもりではある。 赤川次郎『アンバランスな放課後』より引用
  • 出かけるつもりで家を出るのだが、一杯やらなければとても仕事をする気分になれない。 矢野誠一『さらば、愛しき藝人たち』より引用
  • わたしは十時にステベリコフのところへ出かけるつもりだった。 ドストエフスキー/工藤精一郎訳『未成年(下)』より引用
  • そして実際、おれはすぐにも出かけるつもりにしていた。 トウェイン/刈田元司訳『ハックルベリ・フィンの冒険』より引用
  • なぜかさっきからちっとも姿を見せない茂を外へ捜しに出かけるつもりだった。 筒井康隆『『筒井康隆100円文庫全セット』』より引用
  • どこかへ旅行に出かけるつもりだなんて言っておいて、十分もすると、自分の言ったことを忘れているんだ。 ドストエフスキー/工藤精一郎訳『罪と罰』より引用
  • それでおまえは、いつ出かけるつもりにしているんだね? トルストイ/中村白葉訳『アンナ・カレーニナ(下)』より引用
  • 祥子はもともとその服装で出かけるつもりだったのである。 森村誠一『分水嶺』より引用
  • 山本も、この度は「大和」に乗って、支援部隊として出かけるつもりであった。 阿川弘之『山本五十六』より引用
  • 彼を外出させて、自分はまたどこかへ出かけるつもりらしい。 赤川次郎『悪妻に捧げるレクイエム』より引用
  • あと十分もしたら出かけるつもりなのだ。 ナポレオン・ソロ・シリーズ『16 コンピューター戦争』より引用
  • 次へ »