出かけるため

60 の用例 (0.00 秒)
  • あなたは馬車でどこかへ出かけるために、階段を下りてくるところでした。 ドストエフスキー/工藤精一郎訳『未成年(上)』より引用
  • 明日にも出かけるためには、まず医局長の許可をとる必要がある。 渡辺淳一『シャトウ ルージュ』より引用
  • 霊能者連中は一晩出かけるために、ばたばたと準備をしている。 小野不由美『悪夢の棲む家 (下) 挿絵あり』より引用
  • さるトークライブへ出かけるため家を出たところ、少々遅れそうになった。 菊地秀行『吸血鬼ハンター14 D-妖兵街道』より引用
  • この夜会に出かけるためのしたくがたっぷり二時間以上かかった。 ゴーゴリ/工藤精一郎訳『死せる魂』より引用
  • 育子は出かけるための化粧をしていたのは、和田にそう思わせることで家に電話させない作戦である。 川上宗薫『感度の問題』より引用
  • 女の子が出かけるために着がえていると、ものいう小鳥がいった。 日本民話の会編訳『世界昔ばなし(上) ヨーロッパ』より引用
  • 長野屋に出かけるために着物を着替えながら、お初はちらりと考えた。 宮部みゆき『天狗風 霊験お初捕物控〈二〉』より引用
  • その日の夕方、わが家では両親が晩餐ばんさん会に出かけるための仕度に追われていた。 酒井美意子『ある華族の昭和史』より引用
  • 伝六も花も、昼間ダム工事の仕事に出かけるため、伝六は伝三を離れに隔離する。
  • 入院以来五ヵ月、この病院の外へは一歩も出たことがなかったが、息子の舞台を見に出かけるために、外に出たらどんな調子なのかを試みたかった。 加東康一『岳史よ、生命あるかぎり』より引用
  • 内弟子の志ん太がやってきて、家を掃除してから寄席へ出かけるため志ん生に挨拶したのが午前十時半頃だったという。 矢野誠一『志ん生のいる風景』より引用
  • 牙神は、まだ先ほどと同じく着流し姿のままで、出かけるために装束を改めていない。 山藍紫姫子『色闇』より引用
  • Kはアルバイトに出かけるために朝早くアパートを出た。 小田実『何でも見てやろう』より引用
  • それで、妹は、彼女にとっての外界、文字通りの外の世界に出かけるための準備をしている。 川島誠『800』より引用
  • それゆえ、患者は数時間の睡眠しか取れないまま、学校や仕事に出かけるため起床しなければならないことに困難を感じる。
  • そしてキノとエルメスは、観光に出かけるため建物を出ます。 時雨沢恵一『キノの旅 第08巻』より引用
  • そして出かけるために服を着替えた時、私は大笑いした。 ウルフ/西崎憲編訳『ヴァージニア・ウルフ短篇集』より引用
  • ある日彼女は立候補し、選挙運動に出かけるための船を父親の友人である忠が所有する船をチャーターし、洋平の運転する船に乗り島にたどり着く。
  • 麗子にとってパーティとは、女性が目一杯お洒落しゃれをして出かけるための口実みたいなもの。 東川篤哉『謎解きはディナーのあとで2』より引用
  • 次へ »

出かけるため の使われ方