出かけること

988 の用例 (0.02 秒)
  • それがきっかけで、東吾は源三郎と例の神社まで出かけることになった。 平岩弓枝『御宿かわせみ 01』より引用
  • われわれは好きなところに出かけることが許されていいはずだなどと。 星新一『きまぐれ星のメモ』より引用
  • 雪村は家と庭から出られないため、外へ探しに出かけることができない。 乙一『失踪HOLIDAY』より引用
  • 出演のときは別だが、これ以外の時間に出かけることは、ほとんどない。 ドイル『ボヘミアの醜聞』より引用
  • そこで安心して彼女は翌日、上野動物園に出かけることができたのである。 群ようこ『モモヨ、まだ九十歳』より引用
  • そのためよく一人で、または友人と一緒に海外に出かけることがある。
  • そののちには彼は石投げパチンコをポケットに入れずには森に出かけることがなかった。 アンダスン/山屋三郎訳『ワインズバーグ・オハイオ』より引用
  • 上官の許可を得て、山岡はトラックで死体の収容に出かけることにした。 城山三郎『勇者は語らず』より引用
  • しかし、家から遠いところに二人一緒に出かけることはありますまい。 林田清明『夏の日の夢』より引用
  • 野口は私たちを置きざりにして、よく一人で出かけることがありました。 豊島与志雄『食慾』より引用
  • 家族たちと相談の結果、彼と弟と妹の三人が開拓へ出かけることになった。 辺見じゅん『完本 男たちの大和(下)』より引用
  • などと、わけのわからぬことをいい、一人で遊びに出かけることもあった。 池波正太郎『剣客商売 17 番外編 黒白 上』より引用
  • さらに月に何度かは、自ら車を運転して出かけることもあるという。 片山恭一『雨の日のイルカたちは』より引用
  • いったいなんのためにソーニャのところへなど出かけることがあろう? ドストエフスキー/北垣信行訳『罪と罰(下)』より引用
  • しかし、やがて出かけることをやめて、焼跡の整理をするといい出した。 郷静子『れくいえむ』より引用
  • この日からしばらくの間、シュリルは馬で出かけることが日課になった。 山藍紫姫子『アレキサンドライト』より引用
  • 残念ながら、事情があって、私は道玄坂まで出かけることができません。 友野詳/高井信/山本弘『妖魔夜行 鳩は夜に飛ぶ』より引用
  • ドモ又の弟はその細君のともちゃんと旅の空に出かけることになるだろう。 有島武郎『ドモ又の死』より引用
  • だが最近は、二人でどこかに出かけること自体、ほとんどなくなっていた。 柴田よしき『Close to You』より引用
  • ときどき、大明神もふらっと行き先も告げず旅行に出かけることがある。 万城目学『鹿男あをによし』より引用
  • 次へ »