凱旋

全て 名詞
3,098 の用例 (0.02 秒)
  • そうだ、永遠の都パリをそっくりアジアに移動させたような凱旋がいせん都市を。 荒俣宏『帝都物語3』より引用
  • 結果的にはこれが第二次世界大戦前に行なわれた最後の凱旋門賞となった。
  • 凱旋門賞の成功にあやかって、世界各地に国際的な大競走が創設された。
  • 万世まんせい橋のところに立つ凱旋門がいせんもんは光って見えたかと思うと復た闇に隠れた。 島崎藤村『芽生』より引用
  • それはちょうど町の群衆が凱旋がいせんの軍隊を迎える時のような光景であった。 下村湖人『次郎物語』より引用
  • 見せ場は第二幕で、そこでは壮大な舞台のうえでエジプト軍が凱旋する。 加藤秀俊『一年諸事雑記帳(下) 7月~12月』より引用
  • そこで、凱旋門はだんだんに進化して、大型の石造建造物になってゆく。 加藤秀俊『一年諸事雑記帳(下) 7月~12月』より引用
  • そのときになあ、凱旋してこない戦死者の遺族がきっと迎えに来てるんだ。 石川達三『武 漢 作 戦』より引用
  • 時計を見ると二時三十分だ、もう十五分すれば凱旋がいせんの将士が見られる。 夏目漱石『趣味の遺伝』より引用
  • 本大会の決勝で敗れたチームが凱旋して歓迎を受けたという例は数多く聞く。 後藤健生『ワールドカップの世紀』より引用
  • 古代ローマの凱旋門に範を取ったもので、新古典主義の代表作の一つ。
  • 芝村の末姫が最後の最後まで戦ったあげく、本土に凱旋するのだからな。 榊涼介『ガンパレード・マーチ 09 九州撤退戦・下』より引用
  • 日本に凱旋する形でトヨタカップにも出場したが準優勝に終わった。
  • 倭建が大和に凱旋がいせんしてきても、もう二人がねやを共にすることは二度とない。 黒岩重吾『白鳥の王子 ヤマトタケル 5 東征の巻(下)』より引用
  • およそ五百メートルほど行くと、超小型のパリ凱旋門風の門に突き当たる。 足立倫行『アジア海道紀行』より引用
  • ですから三十九年の一月に凱旋がいせんになった時の祖母の喜びは非常なものでした。 小金井喜美子『鴎外の思い出』より引用
  • グラヌムには西暦10年から25年に建造された印象的な凱旋門がある。
  • ココナスは馬車の中から愚かな群衆を、凱旋将軍のように見つめていた。 アレクサンドル・デュマ/鹿島茂『編訳 王妃マルゴ(下)』より引用
  • 凱旋の第三師団長として名古屋城に入城してからしばらくして彼は帰郷した。 柏原兵三『徳山道助の帰郷』より引用
  • パリを貫く十二の大通りが凱旋門を中心にこの星の広場プラース・ド・レトアールから放射している。 宮本百合子『道標』より引用
  • 次へ »