処刑

全て 名詞
11,651 の用例 (0.02 秒)
  • それではあなたさまには処刑されることがおわかりにならないんですの? アレクサンドル・デュマ/横塚光雄訳『黒いチューリップ』より引用
  • それを完成しないうちに、処刑の日が来ると困ると、言っていたという。 大岡昇平『ながい旅』より引用
  • 処分はおそらく処刑といってもいいほど厳しいものであることは疑いない。 中井英夫『とらんぷ譚』より引用
  • こうしてこの大量処刑はローマ市はもちろん外国にまで伝えられていった。 木村裕主『ムッソリーニの処刑』より引用
  • 非常に多くの処刑を行なってきたグルロウズ師は、よくこういっていた。 ウルフ/岡部宏之訳『新しい太陽の書1』より引用
  • 残っている十四人はみな逮捕されて重い処刑が行われたのはいうまでもない。 岡本綺堂『女侠伝』より引用
  • やがて五人ずつの一団が次から次へと洞窟の中に連行されて処刑された。 木村裕主『ムッソリーニの処刑』より引用
  • 数瞬ののち、三月四日事件の二十一人目の処刑者として生命を断たれた。 ガボリオ/松村喜雄訳『ルコック探偵(下)』より引用
  • 調べてみると、五日前に処刑許可の下りている死罪の囚人が二人あった。 山田風太郎『明治断頭台 山田風太郎明治小説全集7』より引用
  • 七月半ばには、左官屋源次夫婦をはじめとする八名の男女が処刑された。 辻邦生『天草の雅歌』より引用
  • 彼らは部隊から離れた少佐以上の高級の将校を処刑しているのだった。 ヘミングウェー/高村勝治訳『武器よさらば』より引用
  • 教会の戸口の両側に二列に憲兵が立ち並び、処刑台まで列を作っていた。 アレクサンドル・デュマ/泉田武二訳『モンテ・クリスト伯(2)』より引用
  • 神々は自然力を人格化したものだと主張したプロディコスは処刑された。 寺田寅彦『宇宙の始まり』より引用
  • が処刑しても死なない者は国外追放になるのがしきたりであったという。 御田重宝『シベリア抑留』より引用
  • 菊地はその半分の期間内に手続きを終え、処刑されてしまったのである。 大塚公子『死刑囚の最後の瞬間』より引用
  • との聖書の言葉を唱和しつつ、喜んで処刑されることをねがったという。 三浦綾子『細川ガラシャ夫人』より引用
  • なにしろ自分の部下でさえも、計画のためには処刑させるような暴君だ。 宇宙英雄ローダン・シリーズ『09 死にゆく太陽の惑星』より引用
  • 彼は嘉永三年処刑されて死ぬ時四十一であるから文化七年の生れだ。 海音寺潮五郎『史談と史論(上)』より引用
  • それから四十年経った一九八四年の春、私はこの処刑場跡を訪れた。 木村裕主『ムッソリーニの処刑』より引用
  • 彼は二十年六月二十八日、瀬戸における十一名処刑時の警護兵であった。 大岡昇平『ながい旅』より引用
  • 次へ »