処分

全て 名詞
16,115 の用例 (0.01 秒)
  • 一応処分のための装置なんてものがあるが、使われたことは一度もない。 時雨沢恵一『キノの旅 第04巻』より引用
  • 彼女が特定の人物を処分するようなこともときどきはあったんですか? シムノン/長島良三訳『メグレの打明け話』より引用
  • 処分はおそらく処刑といってもいいほど厳しいものであることは疑いない。 中井英夫『とらんぷ譚』より引用
  • それによってこの事件をなんとか処分する基礎が成り立つとしてもいい。 森鴎外訳『諸国物語(下)』より引用
  • この際この家を処分するのは、ここの人たちにとって又とない好機です。 宮本百合子『獄中への手紙』より引用
  • 誰かが使いものにならなさそうなものをりわけて処分してくれたのだ。 村上春樹『世界の終りとハードボイルド・ワンダーランド 2』より引用
  • 多くは本と同様処分されたらしく、これといってめずらしいものはない。 篠田節子『カノン』より引用
  • 相手が相手だし、一つ一つに目を通して処分するひまなどなかったと思う。 泡坂妻夫『斜光』より引用
  • そして二年たち、移転のために修道院がそっくり処分されることになる。 小鷹信光『アメリカン・ヒーロー伝説』より引用
  • 俺はそのことを内輪だけで処分をつけて新聞にさえ書かせないようにした。 豊島与志雄『過渡人』より引用
  • しかし埃はもう今になんとか処分せずにはおられぬことになると思う。 柳田国男『木綿以前の事』より引用
  • ようやくそう確信した僕は、今度はその死体を処分することを考えた。 大石圭『檻の中の少女』より引用
  • 俺は牛飼を訴えて、村役人がどういうふうに処分するかを見てやるのだ。 蒲 松齢『成仙』より引用
  • 中から物を出すと、箱は処分しやすいように、たたまなければならない。 群ようこ『贅沢貧乏のマリア』より引用
  • 僕は友人たちがくる前に、船長室のあの不気味ぶきみかざりものを処分しよう。 海野十三『恐竜島』より引用
  • 処分だか更生期間だかは済んで出たのだから、これは脱走ではないのだ。 岩井志麻子『恋愛詐欺師』より引用
  • 郷里に残していた土地が処分できて、まとまったお金ができるみたいね。 南里征典『武蔵野薔薇夫人』より引用
  • 淡々とした口調だが、国王の処分に対する精いっぱいの抗議なのだろう。 茅田砂胡『デルフィニア戦記 第06巻 「獅子の胎動」』より引用
  • 警察は厳罰主義でやると言い、検察庁は厳しい処分をすると言っている。 石川達三『充たされた生活』より引用
  • 細君がまた例の手段で、紙入の中を勝手に処分したのに違いなかった。 豊島与志雄『電車停留場』より引用
  • 次へ »