凡そ七十

4 の用例 (0.00 秒)
  • 先が思いやられはするものの、ここ迄はおよそ七十点といった所か。 西尾維新『ニンギョウがニンギョウ』より引用
  • 栄さん宛の手紙からは以上全部で凡そ七十冊、チェックした分だけは送ったもので、僅か二十六冊ほどです。 宮本百合子『獄中への手紙』より引用
  • それから凡そ七十哩許り疾走して、全く南洋らしいジヤングルや、森林の中を行くとき、私は娘に訊いた。 岡本かの子『巴里祭』より引用
  • 熊本県神社誌によると、県内で天御中主神をまつる神社は、およそ七十一社を数えるが、その中、社名を天御中主神社とするものはわずか七社で、他は所在地名を社名とするのが最も多く、球磨郡だけは、七社中六社が白木神社となっている。 金達寿『日本の中の朝鮮文化 11 肥前・肥後・日向・薩摩ほか』より引用