凡そ一里

5 の用例 (0.00 秒)
  • 櫻の區域は練馬驛附近より東長崎驛附近までの間にて、凡そ一里もあるべし。 大町桂月『千川の桜』より引用
  • その間凡およそ一里ばかり。 島崎藤村『破戒』より引用
  • それ故塚田村でもその村道を選べばこんな河原づたいをするよりは倍も近道であったが、余儀なくかなたの鎮守の森を左手に畦道あぜみちを伝って大迂回だいうかいをしながら凡そ一里に近い弧を描いた。 牧野信一『ゼーロン』より引用
  • 洛陽七口の一、丹波口はかつらノ里から小半里、樫原かたぎはらを過ぎるともう山城から丹波ノ国に入り、およそ一里の上り坂となる。 池宮彰一郎『最後の忠臣蔵』より引用
  • 天津より凡そ一里、頂上に清澄寺あり。 大町桂月『房州の一夏』より引用