凋落期

12 の例文 (0.00 秒)
  • これから伸びゆく人々に人生にも凋落期のあることなどを教へるには当るまい。 ...
  • 中世の凋落期で中世後期の悲観的な視点を主に一般化するのに与ったオランダの同僚ヨハン・ホイジンガのものである。 ...
  • その後上方落語の凋落期を迎え活動場所がなくなり神戸の端席や中国に巡業をするようになる。 ...
  • 実力がありながら、上方歌舞伎の凋落期にあり、さらには東京歌舞伎との不協和もあって相応の評価が得られないまま死去してしまった。 ...
  • 遠く、藤原氏の凋落期ちょうらくきを境として、武門独裁の世となってからは、朝臣の策士はみな似たり寄ったりな者だった。 ...
  • 写本に遺された作品の作者は、多くが100年以上前に活躍した詩人であるが、写本制作時に近い時代に活躍した詩人もおり、ミンネザングの最初期から凋落期までを包括する、優に150年超にわたる詩歌作品の集成がこの写本である。 ...
  • そして興隆期のイギリスがいかにヒュームの思想に近づいたか、そして今や凋落ちようらく期のイギリスが、いかにヒュームから「遙けくもきつるものかな」といった状態になっているかを見て、深い感慨にふけることであろう。 ...
  • 白井松次郎の死後、弟の白井信太郎に経営が移るが、すでに凋落期にある関西歌舞伎を立てなおすにはあまりにも力量不足だった。 ...
  • 大正に入ると、上方落語は凋落期に入った。 ...
  • 偉大な父の陰に隠れ、そのうえ陽のあたる場所は弟に歩かせるほど謙虚な性格で、また時代が上方歌舞伎の凋落期にもあたっていたこともあり、その名が大看板となることはついになかったが、『伊勢音頭恋寝刃』の万次郎、『恋飛脚大和往来』の忠兵衛などの若衆をつとめるときは、古風な好い味を見せていた。 ...
  • 貞久の子であり久憲の父になる宇都宮懐久は筑後川の戦いで討死しており、また祖父の貞久なき後の南朝凋落期に久憲は筑後に土着すべく、蒲池氏の名跡と遺領を継ぎ蒲池久憲と名のった。 ...