凋落ぶり

8 の例文 (0.00 秒)
  • 先妻は、雪太夫の凋落ちようらくぶりに驚いたが、金銭のことは主人委せ、自分には一銭の金も自由にならないのだと言って母親が入院している病院も教えず帰ってしまった。 ...
  • 大国としてのエジプトの権威の凋落ぶりが表現されたこの物語は、ラムセス11世の治世24年目頃のものと考えられている。 ...
  • 神示にはまた、敗戦後の復興や経済的な発展、そして日本人の精神的な凋落ぶりを指摘していると思われる帖もあるという。 ...
  • 権勢飛ぶ鳥も落すほどの昨日までと打ってかわった凋落ぶりであったが、さすがに利口ものだ。 ...
  • 敢然と弾幕の中へ突っ込んでいったF4機の小気味いい姿は、かつて万全と見えた大統領権勢の復元不可能の凋落ちようらくぶりと、その背後の共和国体制の末期的混乱ぶりを、待ったなしの形で天下に示す象徴と思えた。 ...
  • 天野信景著『塩尻』では、「かつては中切・福徳・小田井等の寺院は当寺の坊舎であったと伝えられているが、今は貧民のすみかとなっている」、「聖徳寺や中切村乗円寺などは、当寺の支院だったが、今は立場が逆転している」などと、かつての繁栄ぶりとその後の凋落ぶりを伝えている。 ...
  • という記事が、万橘の凋落ぶりをつたえていたし、さらにまた、 郭巨の肺病 テケレッツのパーで御存じの立川談志は、かねて肺病を患ひ居たりしが、昨今は、医者もチト首を捻る場合に至りしが、当人は中々屈する色なく、押して席を勤めるよし、察するに金の釜を掘り当てる迄勉強する気で居ると見える。 ...