冷静

全て 名詞
12,773 の用例 (0.03 秒)
  • 自分が周りからどう見られているのか、すこし冷静に考えた方が良いよ。 九条公人『求めしは力、得るものは華、失いしは・・・闇』より引用
  • 人々はその興奮で火事のことを冷静に批判する余裕はなかったであろう。 和辻哲郎『地異印象記』より引用
  • しかし二人の兄やの方は、若だんなの言葉にも冷静な顔を浮かべていた。 畠中恵『ねこのばば』より引用
  • かれはここに至って、その回想が一倍の冷静さを要求することを知った。 蒲原有明『夢は呼び交す』より引用
  • 最後の思いつきを成功させるために、僕は冷静になる必要がありました。 カー/宇野利泰訳『帽子蒐集狂事件』より引用
  • それに女などといふものは、非常に敏感ですぐ冷静になりたがるものだ。 小熊秀雄『塩を撒く』より引用
  • それは死を意味するものだったが、自分でも不思議なほど冷静だった。 野尻抱介『ロケットガール 01』より引用
  • 悠二と一緒だと、彼女は気分が高揚こうようして冷静さを失ってしまうのだから。 高橋弥七郎『灼眼のシャナ S』より引用
  • 彼は見たところ充分冷静そうでしたが、ただ、彼は何回もころびました。 コンラッド/蕗沢忠枝訳『ロード・ジム(上)』より引用
  • あの日から今日まで、私は冷静さをとり戻そうと努力してまいりました。 石川達三『充たされた生活』より引用
  • 私がした第一の作業は、冷静に、関係者の行動を観察してみることだった。 斎藤栄『まぼろしの完全犯罪』より引用
  • 恋人のことを考えているのだと思うと、急に彼は冷静になっていた。 谷瑞恵『伯爵と妖精 第12巻 紳士の射止めかた教えます』より引用
  • 最初の処置がとられたときの確信と冷静さとが、彼の気持をよくした。 原田義人『変身』より引用
  • 衝撃的な話を聞かされて、逆上した者に冷静な判断力を望むのも無理だ。 井上祐美子『五王戦国志4 黄塵篇』より引用
  • 二十四五とみえる男で支那人のような冷静で悧巧な顔つきをしていた。 有島武郎『星座』より引用
  • そして冷静な観察力のために必要なのは、学問的な基礎知識なのだ。 吉村達也『ふたご』より引用
  • 夕餉ゆうげをしたために階下へ下りる頃は、彼の心はもはや冷静に帰っていた。 梶井基次郎『冬の日』より引用
  • 冷静に考えてみれば、こんな時間に女の子の部屋に入ろうとしているのだ。 佐竹彬『カクレヒメ 第01巻』より引用
  • 自分の部屋に腰をおろして私は、冷静にこの出来事を考えようとした。 キプリング・ラデャード『世界怪談名作集』より引用
  • 冷静に敗北を受け容れ、万人が想像もしなかった方法で責任をとった。 田中芳樹『タイタニア3 旋風篇』より引用
  • 次へ »