冷水をあびせられ

17 の例文 (0.00 秒)
  • むろん、お藤の言葉に彼は冷水をあびせられたような思いがしたのだ。 ...
  • 僕はそれを聞いて、全身に冷水をあびせられたような気がして立ちすくんだ。 ...
  • まるで冷水をあびせられたかのように、首のうしろの毛がさかだった。 ...
  • 最初の驚きは少しずつ恐怖にかわってき、まるで背筋に冷水をあびせられたような気がした。 ...
  • 手前まで来たとき、彼を驚かせたものの正体を知り、冷水をあびせられたように、ぞっとした。 ...
  • そう思うと、冷水をあびせられたように鳥肌がたった。 ...
  • いずれにせよ匹田は暇にまかせて彼の妻子のことや、死ぬことを考えていたらしく、僕は冷水をあびせられたようにぞっとしました。 ...
  • 豪太夫は、頭上から冷水をあびせられたような戦慄におそわれた。 ...
  • そして、つぎの瞬間、あることが頭にうかび、バルサは、全身に冷水れいすいをあびせられたような気持ちになった。 ...
  • 冷水れいすいをあびせられたように、全身に鳥肌がたった。 ...
  • 佐助としたことが、背中に冷水をあびせられたような戦慄をおぼえて、咄嗟とっさに、九尺あまり跳躍ちょうやくした。 ...
  • 「オオ、気味の悪い」 彼女は、背中から冷水をあびせられた様な、悪寒おかんを覚えた。 ...
  • 「おお、気味のわるい」 彼女は、背中から冷水をあびせられたような悪寒を覚えた。 ...
  • 自動車の中にいた千晶は、一瞬サーッと冷水をあびせられたような恐ろしさをかんじて、いきなりハッと立ち上がったが、その時早く、取りすがるお清をつきとばした自動車は砂塵さじんを巻いてまっしぐらに。 ...
  • 応伯爵はきょろきょろして、それからぞっと冷水をあびせられたようになり、急にばたばたと大門めざしてかけ出した。
  • あやしい人は口のなかで、なにやらはげしくつぶやきながらヨロヨロと土の上から起きなおったが、そのとたん、滋は、頭から、冷水をあびせられたようなおそろしさを感じた。 ...