冴え渡

全て 動詞
3 の用例 (0.00 秒)
  • あなたの声だけが一段と冴え渡つて響いたわよ。 牧野信一『山を降る一隊』より引用
  • 目新らしい曲馬の見せ物の楽隊の囃子はやしが夜空にえ渡つてゐた。 宮地嘉六『煤煙の匂ひ』より引用
  • 秋の月があざやかにえ渡つて、地に敷く夜露が白く光つてゐる宵々に、町の子供たちは往来に出て、こんなうたを歌ひはやしながら、地にうつる彼等の影を踏むのである。 岡本綺堂『影を踏まれた女』より引用

冴え渡 で始まる単語