冴え渡り

全て 動詞
32 の用例 (0.00 秒)
  • だが彼の顔は晴々とわたり、何の苦慮くりよの色をも止めてはおらなかった。 高木彬光『首を買う女』より引用
  • 感覚だけがえ渡り、音や、においや、周囲の様子ようすがくっきりと認識できる。 三雲岳斗『レベリオン 第01巻』より引用
  • もはや動くものもない野辺の空に月は冴え渡り、やがて血臭も散った。 菊地秀行『吸血鬼ハンター15 D-魔戦抄』より引用
  • その剣技は禍々しいほど冴え渡り、その意志は強靱な鋼であった。 深草小夜子『悪魔の皇子 アストロッド・サーガ』より引用
  • 古河電工が得意の堅守速攻が冴え渡り9年ぶりの2度目のリーグ優勝を達成した。
  • しかし不思議なことに頭は冴え渡り、目覚ましが鳴って起き出すときにも眠いという気はしなかった。 若月京子『トラブル・トラブル』より引用
  • 風祭警部の推理が冴え渡り、彼の言葉がズバズバと真実を言い当てる。 東川篤哉『謎解きはディナーのあとで3』より引用
  • 大田は打棒が冴え渡り優秀選手賞を受賞し以後「シリーズ男」の異名をとるようになる。
  • 乾いた空気が、ぴーんとえ渡り、響き渡る音を遠くまで運んだ。 流星香『プラパ・ゼータ 2 天空の魔法陣』より引用
  • 頭がぐんと冴え渡り、頭の中の面積がこの教室を遥かに越えて広がりを得たことを実感した。 竜騎士07『ひぐらしのなく頃に 03 祟殺し編』より引用
  • 月は、それ自身が発光しているかのように皓々と冴え渡り、森の彼方から吹いてくる風が、狼の遠吠えの声を運んできた。 菊地秀行『吸血鬼ハンター11a D-ダーク・ロード1』より引用
  • 布団ふとんに入って横になっても、体は泥のように重く疲れ切っているのに、頭がぴりぴりと冴え渡り、心の中で凶暴な生き物が荒れ狂っている。 野村美月『文学少女シリーズ03 “文学少女”と繋がれた愚者』より引用
  • 光を斬り裂かんばかりに冴え渡り、鋭利であったはずの野太刀は所々が刃こぼれを起こしていた。 伏見健二『サイレンの哀歌が聞こえる』より引用
  • 見眺めるや退屈男の声は冴え渡りました。 佐々木味津三『旗本退屈男』より引用
  • きくや同時に退屈男の声は、俄然冴え渡りました。 佐々木味津三『旗本退屈男』より引用
  • 今やお決まりとも言える「ゾンビに喰われた人間はゾンビとしてよみがえる」という設定は取り入れられておらず、その点が残念と言えば残念だが、屍人が人間の肉を喰らうシーンでは香玉独特のくせのある文体がえ渡り、思わず目をおおいたくなるほどの描写がされている。 山本弘/安田均/高井信『妖魔夜行 しかばね綺譚』より引用
  • 行き過ぎるや同時に、退屈男の双のまなこは、キラリ冴え渡りました。 佐々木味津三『旗本退屈男』より引用
  • 唯一頭の中だけがえ渡り、敬しく警鐘けいしょうを鳴らしている。 鈴木大輔『ご愁傷さまニノ宮くん 07』より引用
  • ぼくは前の晩は意見陳述を書くので一睡もしておらず、それまでの人定尋問や法的やりとりの間も、頭は冴え渡りながらも朦朧もうろうとしていて、正真正銘の白昼夢であった。 赤瀬川原平『優柔不断術』より引用
  • 普段からこの図体に効率よく回す為にきたえられた血管のチームプレーがえ渡り、血液不足を訴えるように鼓動が強まる。 入間人間『電波女と青春男 第04巻』より引用
  • 次へ »