冴えわたっ

全て 動詞
53 の用例 (0.00 秒)
  • 空にはとても東京では見られないような数の星が満天に冴えわたって光輝している。 横尾忠則『わが坐禅修行記』より引用
  • 肉体を裏切って、私の中にある神経のすべてが、冷たくえわたっていた。 小池真理子『狂王の庭』より引用
  • 冷たくえわたった空には、とぎすましたかまの刃のような月が浮かんでいる。 安部龍太郎『戦国秘譚 神々に告ぐ(下)』より引用
  • 明かり取りの窓からは、不気味なほど白くえわたった月が見えた。 水野良/白井英/山本弘『妖魔夜行 悪魔がささやく』より引用
  • 私自身は、そんなときには、いつも、頭のすみずみまでえわたっていた。 ミラー/大久保康雄訳『南回帰線(上)』より引用
  • 夜学校を出た時真暗らだと思われていた空は実際は初冬らしくこうこうと冴えわたって、無数の星が一面に光っていた。 有島武郎『星座』より引用
  • 眠っててもあんた、頭が冴えわたってくるわけですよ。 足立倫行『妖怪と歩く ドキュメント・水木しげる』より引用
  • 冴えわたっている時の感覚だが、ベンチにいる以上、宝の持ち腐れと言える。 野沢尚『龍時(リュウジ)03―04』より引用
  • 彼女の声は金属音のようにえわたった。 ドストエフスキー/工藤精一郎訳『罪と罰』より引用
  • 僕は三日月型に身体を曲げて固くなっているのに、目は爛々らんらんえわたっていた。 池上永一『あたしのマブイ見ませんでしたか』より引用
  • けれど、それからも僕の目は冴えわたっていた。 尾崎豊『黄昏ゆく街で』より引用
  • 身体は疲れているのに、頭がえわたっていた。 牧野修『スイート・リトル・ベイビー』より引用
  • かえって頭は異様に冴えわたっていた。 長尾三郎『生き仏になった落ちこぼれ』より引用
  • 癌の細胞は脳までは冒しておらず、それどころか母の意識はこのところ冴えわたっているのである。 林真理子『初夜』より引用
  • このとき、空には一点の雲もなく、月は冴えわたって、昼をあざむくようなあかるさだった。 駒田信二『中国怪奇物語〈幽霊編〉』より引用
  • 頭の中は、不思議なほどに冴えわたっている。 今野緒雪『マリア様がみてる 24 仮面のアクトレス』より引用
  • 久慈はますます眼が冴えわたって来るばかりだった。 横光利一『旅愁』より引用
  • だが、心臓こそ高鳴っていたが、意識は奇妙なくらい冴えわたっており、冷静そのものだった。 貴志祐介『硝子のハンマー』より引用
  • この日は、不思議なくらい勝負勘がえわたっていた。 貴志祐介『硝子のハンマー』より引用
  • 月の光は今や湖のごとく冴えわたっていた。 光瀬龍『寛永無明剣』より引用
  • 次へ »