冴えない風貌

11 の用例 (0.00 秒)
  • 見るからに冴えない風貌とは裏腹に、その双眸だけが炯々けいけいと刃の光を放つ。 虚淵玄『Fate/Zero Vol.3 「散りゆく者たち」』より引用
  • 桜ヶ丘高校の生徒会長は頭こそ良さそうだが、冴えない風貌の、ひ弱そうな男子だ。 長嶋有『ぼくは落ち着きがない』より引用
  • 三宅さんの住むマンションは、あの冴えない風貌からは 想像もつかないくらい、瀟洒な作りの建物だった。 暁works『るいは智を呼ぶ② 花城花鶏』より引用
  • 向かいから、冴えない風貌の男が歩いてきた。 暁works『るいは智を呼ぶ① 皆元るい』より引用
  • 登場当初はメガネ型の情報解析ツールをかけて冴えない風貌であったが、とある件によりメガネを取ると実は美人という事実が仲間内で認知されるようになる。
  • 一方、オズコープで働く電気技師のマックスは、街の送電システムを設計した優秀な男だったが、その冴えない風貌と性格から誰からも好かれず、自身の命を助けてくれたスパイダーマンに異常な執着を見せていた。
  • 猫背で痩せていて、一見、冴えない風貌だが、警視庁捜査一課殺人班の優秀な部長刑事でかちようである。 深谷忠記『北津軽 逆アリバイの死角 「太宰治の旅」殺人事件』より引用
  • 主なものに、冴えない風貌でいながら頭脳明晰なスパイであるチャーリー・マフィンシリーズや、欧州版FBIであるユーロポールの心理分析官クローディーン・カーターシリーズ、米露の捜査官がタッグを組むカウリーとダニーロフシリーズなどがある。
  • えない風貌ふうぼうの、中年男性である。 枯野瑛『銀月のソルトレージュ02 金狼の住処』より引用
  • えない風貌ふうぼうの中年男だ。 山本弘『審判の日』より引用
  • その一見冴えない風貌、極限まで出費を切り詰めた貧乏生活、気どらない性格、音楽へのひたむきな姿勢、透き通った高音域の美声から、赤羽のポール・ポッツの異名をとる。