冴えない中年男

31 の用例 (0.00 秒)
  • 窓を開けたのは、古くさいブロー型の眼鏡をかけた、えない中年男だった。 貴志祐介『硝子のハンマー』より引用
  • えない中年男の坂口の人生ではない、別の中年男の人生である。 西村京太郎『イレブン殺人事件』より引用
  • その間も、会社では、相変らず、気の弱い、冴えない中年男で過ごしていた。 西村京太郎『イレブン殺人事件』より引用
  • 覇気がないというか、影が薄いというか、えない中年男だった。 打海文三『時には懺悔を』より引用
  • 冴えない中年男のラリーは、何の仕事をしても長続きせず、現在は失業中だった。
  • 中西の隣りが、えない中年男で、前の席には、二十一、二歳の若い女が腰を下した。 西村京太郎『イレブン殺人事件』より引用
  • こんな冴えない中年男に抱かれてきたことが恥ずかしかった。 阿部牧郎『誘惑街の女たち』より引用
  • 冴えない中年男3人組が野球チーム「ベンチウォーマーズ」を結成する。
  • えない中年男の小太りの短躯たんくは、二倍にも三倍にも大きくみえ、威圧するように迫った。 池宮彰一郎『四十七人の刺客(上)』より引用
  • いつもの冴えない中年男ではなく精悍な表情になった梶警視正が、パトカーの助手席から、運転している若い刑事に声をかけた。 早見裕司『メイド刑事02』より引用
  • 左隣にビジネススーツを着たえない中年男がいた。 馳星周『夜光虫』より引用
  • ただの冴えない中年男だったのだ。 友野詳/高井信/山本弘『妖魔夜行 鳩は夜に飛ぶ』より引用
  • もしマスターの言う通り、虎の正体が酔虎だったとしたら、あの冴えない中年男こそ、騒ぎの張本人と言うことになる。 友野詳/高井信/山本弘『妖魔夜行 鳩は夜に飛ぶ』より引用
  • せっせと食事に忙しい紘子を見ながら、俺はえない中年男なんだぞ、と深田は自分自身に呟いた。 赤川次郎『結婚案内ミステリー風』より引用
  • あの冴えない中年男は、ただひたすら、自分の不遇を喋り続け、自分より二廻りも若い女を手に入れてしまったではないか。 西村京太郎『イレブン殺人事件』より引用
  • 冴えない中年男が手を上げた。 山本弘『まだ見ぬ冬の悲しみも』より引用
  • 家政婦が十人も立ち働いているわけではなく、実際はだだっ広いダイニングルームのまん中に置かれたテーブルに、冴えない中年男がパジャマのまま新聞を広げて座っているだけなのだ。 口有介『ぼくと,ぼくらの夏』より引用
  • 一見したところ、えない中年男という感じなのだが、よく、観察すると、腕にはめているのは、百万以上するロレックスの腕時計だった。 西村京太郎『特急しおかぜ殺人事件』より引用
  • 息子のぼくから見てもそれほど不細工な男ではないが、折目の消えたねずみ色の替ズボンといい、ベージュ色だかラクダ色だかの開襟シャツといい、ぼさぼさな髪と不精髭ぶしようひげといい、まるで自分の意志でえない中年男になりきろうと努力でもしている感じだった。 口有介『ぼくと,ぼくらの夏』より引用
  • しょせん、こちらはえない中年男なのだから。 赤川次郎『幽霊湖畔』より引用
  • 次へ »