冴えない

691 の用例 (0.02 秒)
  • 冴えない顔はそれが原因だったのかと、加藤はふうっとため息をついた。 榊涼介『ガンパレード・マーチ 05 5121小隊 episode ONE』より引用
  • 各企業の説明会も少なく、会社まわりをする学生たちの顔色もえない。 森村誠一『棟居刑事の推理』より引用
  • オープン特別では好走するも、重賞では着外続きと冴えない成績が続く。
  • 彼に声をかけたのは、くたびれたコート姿の冴えない日本人男性である。 虚淵玄『Fate/Zero Vol.2 「王たちの狂宴」』より引用
  • 二日酔い気味のせいで顔色は冴えなかったが、平常通りの顔をしていた。 森禮子『モッキングバードのいる町』より引用
  • 何の成果も上げられなかった新坂の顔はいつになくえなかった。 藤田宜永『過去を殺せ』より引用
  • アイドルたる私を中心に、えない男二人がこき使われてこそでしょう! 葵せきな『生徒会の日常 碧陽学園生徒会黙示録1』より引用
  • 美しい、張りのある眼を持ちながら、どこかその瞳に冴えないものがある。 横溝正史『仮面劇場』より引用
  • 交流戦では活躍したが、同リーグとの対戦では防御率4点台と冴えなかった。
  • えない色のスーツを着た男が、すぐそこでパチンコ台を物色している。 山本文緒『眠れるラプンツェル』より引用
  • 皆が野球拳に興じている時も、ひとりえない顔でいた岸田に声をかけた。 山崎豊子『華麗なる一族 中』より引用
  • 他にもハンクの近所に住む冴えない友人のブームハウアーの声を担当した。
  • このようにFAでLGに残留後は攻守ともに冴えない状態が続いていた。
  • 主人が自分で玄関まで見送ったが、その顔色は依然としてえなかった。 福永武彦『加田伶太郎全集』より引用
  • 向かいの席に腰かけていたのは、えない様子の、五十近くの女性だった。 阿刀田高『空想列車(下)』より引用
  • 女はえない顔色をして、夫のひざもたれかかるようにしてあえいでいた。 福永武彦『加田伶太郎全集』より引用
  • 昨日までの私はそんなに冴えない、暗い顔をしていたのだろうか。 酒見賢一『ピュタゴラスの旅』より引用
  • ニクソン氏もアブプラナルプ氏も、冴えない点で共通しているのである。 加藤秀俊『一年諸事雑記帳(上) 1月~6月』より引用
  • 周りの誰からも馬鹿にされる冴えない学園生活を送っていた。
  • 事件のあたらしい展開に本部長は気をよくしたのか、冴えない冗談をいった。 鮎川哲也『戌神はなにを見たか』より引用
  • 次へ »