冴えた光

23 の用例 (0.00 秒)
  • 雲の向こうに隠れていた月が顔を出し、青く冴えた光が部屋の中に射している。 嬉野秋彦『メフィストの魔弾』より引用
  • しかし目のうちにえた光はむかしとあまり変わらなかった。 芥川龍之介『トロッコ・一塊の土』より引用
  • 良い月の夜で、廣やかな窓から冴えた光がいつぱいに射しこんでゐた。 若山牧水『樹木とその葉』より引用
  • 研ぎ上げられた刀身がえた光を放ち、客間に微かな緊張感が広がった。 佐竹一彦『新任警部補』より引用
  • 利鎌とがまのような寒月は、動かぬ三人の主従にえた光を投げかけていた。 池宮彰一郎『最後の忠臣蔵』より引用
  • 半月はんげつえた光をなげかけていたが、くもがはしるたびに、天も地もくらくなる。 上橋菜穂子『守り人シリーズ08 天と地の守り人 第一部』より引用
  • しかし目の中に冴えた光は昔と余り変らなかつた。 芥川竜之介『お富の貞操』より引用
  • 彼の頭のむこうには漆黒の夜空があり、針のさきのような星々が冴えた光を放っていた。 中村弦『天使の歩廊 ある建築家をめぐる物語』より引用
  • その男の骨格が、冴えた光の下で透き通って見えるのである。 ベニー松山『終末をもたらす者 (Sa・Ga FrontierⅡ)』より引用
  • 此処まで来て、今までつい気がつかなかった六日の月が、眉をあげた空の辺りに細く冴えた光を懸けて居るのを美しいと思った。 岩本素白『六日月』より引用
  • 技術は案外確かなもので、ところどころ一流の人にもひけ目のないほどえた光がある。 山田風太郎『自選恐怖小説集 跫音』より引用
  • 冷徹れいてつな意志の持主らしい双眸そうぼうえた光を、宙に放って動かさぬ。 柴田錬三郎『(柴錬立川文庫3) 柳生但馬守』より引用
  • 塔九郎の眼はやはり涼やかで、冴えた光を放ち、くわを手にしていても、それをかまえようとさえしない。 山田正紀『闇の太守』より引用
  • 秋が深まるにつれて、灯火はえた光を放っていた。 夏樹静子『女検事 霞夕子 螺旋階段をおりる男』より引用
  • 青白くえた光を放つ満月が、その空間を中天から淡く照らしている。 ベニー松山『風よ。龍に届いているか(下)』より引用
  • 握り締めた錫杖しゃくじょうもミスリル製で、複雑な意匠がほどこされたそれは薄暗闇の中でえた光を放っていた。 ベニー松山『風よ。龍に届いているか(下)』より引用
  • 三寸あまりに両断されている切先が、えた光を放って、並ぶ。 柴田錬三郎『赤い影法師』より引用
  • 白く冴えた光がそれらをしぼませる。 ウルフ/西崎憲編訳『ヴァージニア・ウルフ短篇集』より引用
  • やがてその背後からまばゆい太陽が昇り、疲れて痛むフィリエルたちの目を、冴えた光で貫いた。 荻原規子『西の善き魔女1 セラフィールドの少女』より引用
  • 黒部の大谷では鉛色の雲がや暫くの間、生れ故郷を探しあぐねた放浪の子のようにのろのろ動き廻っていたが、やがて下へ下へと沈んで、山の精霊がうかみ上ったように透明な肌を持った岳の額から、既望きぼうの月が冴えた光を送って来た。 木暮理太郎『黒部川奥の山旅』より引用
  • 次へ »