冥利

全て 名詞
224 の例文 (0.00 秒)
  • こんなふうに男に言わせることができれば女冥利みようりにつきるというものよ。
  • わたしとしてはむしろ望むところで、冥利に尽きるとさえ思っていた。 ...
  • それらの人と会うことができたのは、検事冥利につきると思っている。
  • 日毎、男が変った方が、かえって、ああいう淫乱には、冥利みょうりになるんだ。 ...
  • 今年は、女の子と待ち合わせ出来るという青春冥利みょうりに尽きる展開だった。 ...
  • まあ、そこまで気に入ってもらえればゴミも冥利みょうりに尽きるというものだ。
  • それより商売冥利みょうりってことを忘れちゃいけねえ。 ...
  • そんなふうに男を発奮させることができたら、それは別れ冥利につきるというものだ。 ...
  • 競馬紙の記者ほど、編集冥利みようりに尽きる人はいないのではないか。 ...
  • そこが商売冥利って奴で、黙って知らん顔をしております。 ...
  • また冥利のためには描かなかったという。 ...
  • 作り手冥利みょうりきる、と大半の方はうれしがるけど、マユは普通ふつうじゃない。 ...
  • せっかくの千両を宙に迷わせちゃ、冥利みょうりにあまる話じゃありませんか。
  • おそらく世阿弥を演じる役者にはこの場面は冥利みようりにつきる場面である。 ...
  • 他の連中が求めているのは総じて浮世の冥利みょうりであろうよ。 ...
  • いわば、茶金の名前を買うていただいたようなもの、わし、商人冥利あきんどみようりにつきますわ。 ...
  • いずれにせよ、自分のいうままになってくれる男性を一人持っていることは、幸せというか女冥利みようりに尽きるというべきである。 ...
  • 次へ