冠す

全て 動詞
26 の用例 (0.00 秒)
  • 女優などが自分の名前を冠した商品やブランドを立ち上げることもある。
  • いくつものネットは、それぞれの拠点きょてんとなる場所の名をかんして呼ばれる。 友野詳/清松みゆき/西奥隆起『妖魔夜行 眠り姫は夢を見ない』より引用
  • 希望の象徴しょうちょうのはずなのに、冥界めいかいの神の名をかんしているのもみょうな話だった。 賀東招二『フルメタル・パニック!11 ずっと、スタンド・バイ・ミー(上)』より引用
  • 平成の大合併で合併した地区は旧町村名を従来の大字の前に冠している。
  • 本艦と同様にニューヨーク市の名が冠せられた艦はいくつか存在する。
  • 旗揚げ当初から階級名には鳥の名前を冠した独得の名称が使われていた。
  • 映画やゲームなどの作品に、メーザーの名を冠した武器などが登場する。
  • なんといっても、国の名をかんしたそちらの方がはるかに有名でもあるしな。 吉野匠『レイン4 世界を君に』より引用
  • そのほかにも、文学研究所や地下鉄の駅などに彼の名が冠されている。
  • 昔は七曜の名を冠して呼んでいたが、現代の中国語ではこれを使わない。
  • 個人名を冠したものを除いた写真一般の美術館としては日本初である。
  • 一部のトーチカやヴェーファーの名が冠された通りは現在も残っている。
  • リストの名を冠した音楽院はブダペストとワイマールの両方に存在する。
  • 本来、街道は行き先の名称を冠したため水戸側では江戸街道と呼ばれた。
  • 発音不可能な名称が冠されているのは伊達だてや酔狂ではないということか。 西尾維新『ニンギョウがニンギョウ』より引用
  • 妙に見える名前もあるが、ほとんど全部が居住地の名をかんしているのである。 海音寺潮五郎『新太閤記(二)』より引用
  • 平氏の姓を冠しているが、同地域の高望王系の平氏としては確認できない。
  • 彼の名を冠した暦書や予言書は20世紀初頭まで連綿と刊行され続けた。
  • 養父の名前を冠しているが、養父市の代表駅は隣の八鹿駅となっている。
  • このような特別な数字の中には芦ヶ原の名前が冠されるものもある。
  • 次へ »

冠す の使われ方

冠す で始まる単語