写生

全て 名詞
1,744 の用例 (0.01 秒)
  • それからは毎日私が二人分の画の道具を肩にかけて写生に歩きまはつた。 高村光太郎『智恵子抄』より引用
  • わざわざ写生に出かけた程なので、描いたことは何枚も描いたのである。 吉川英治『随筆 新平家』より引用
  • 少しずつ神経の安定を覚え、何か大いに風景写生でもやってみたく思う。 小出楢重『めでたき風景』より引用
  • 西洋では昔から写生を主張した結果今日のように発達したものと思われる。 夏目漱石『吾輩は猫である』より引用
  • 久間は、これほど時間をかけて人の顔を写生したことは今までなかった。 松本清張『虚線の下絵』より引用
  • それから毎日私が二人分の画の道具を肩にかけて写生に歩きまわった。 高村光太郎『智恵子の半生』より引用
  • かれは茶を飲みながら二三枚写生したまずい水彩画を出して友に示した。 田山花袋『田舎教師』より引用
  • 甚五郎の説明によると、そのお安という女を写生したいというのである。 岡本綺堂『恨みの蠑螺』より引用
  • 西洋ではむかしから写生を主張した結果今日こんにちのように発達したものと思われる。 夏目漱石『吾輩は猫である』より引用
  • 人によると写生文家のかいたものを見て世を馬鹿にしていると云う。 夏目漱石『写生文』より引用
  • これらのものの大部分はみんなうちの庭や建物の一部を写生したものである。 寺田寅彦『写生紀行』より引用
  • 由来浮世絵と西洋画とは共に写生を主とする点において相似たる所あり。 永井荷風『江戸芸術論』より引用
  • あるものは平淡なる写生文に事件の発展がないのを見て文学でないと云う。 夏目漱石『作物の批評』より引用
  • 日曜日になると、少年はよく瀬川姉弟に連れられて郊外へ写生に行つた。 神西清『少年』より引用
  • 郊外に写生に行くとするならば、まず家族連れということを考えるだろう。 山口瞳『人殺し(上)』より引用
  • だから、それが写生ではなく、想像画らしいと言うことはすぐに判った。 半村良『魔女伝説』より引用
  • 写生などしている時はおとなしいいい人だが、酒が入るとよくあばれた。 筒井康隆『(「七瀬」三部作 3) エディプスの恋人』より引用
  • 天保元年、名古屋では藩主の命によって朝鮮から来た豹を写生している。
  • 藤原時代の衣裳の考証に、ある時は写生に外へ出かけたりいたしました。 上村松園『画筆に生きる五十年』より引用
  • 某画伯のこの花を写生した気持ちのいい絵の事をも思い出したりしていた。 寺田寅彦『球根』より引用
  • 次へ »