冗談

全て 名詞
13,463 の用例 (0.01 秒)
  • ある朝虔十が林の前に立ってゐますとひとりの百姓が冗談に云ひました。 宮沢賢治『虔十公園林』より引用
  • ある朝虔十が林の前に立っていますとひとりの百姓が冗談じょうだんに云いました。 宮沢賢治『虔十公園林』より引用
  • たぶん冗談やろけど、こんなことを言う人間やったのかとびっくりする。 豊田勇造『歌旅日記−ジャマイカ編』より引用
  • 皮肉混じりの冗談が聞こえてきた時には、二人はもう作業に移っていた。 足立倫行『妖怪と歩く ドキュメント・水木しげる』より引用
  • 細川京子が冗談にもせよ恋人と称した程の訪問客に興味を持ったんだな。 平岩弓枝『黒い扇』より引用
  • 冗談なのか、それとも本気で今日のうちに帰れということなのだろうか。 篠田節子『美神解体』より引用
  • あなた、いくら冗談でもそんな乱暴なことをいうものじゃありませんよ。 海野十三『空中漂流一週間』より引用
  • 男は言い終えてから、なぜそんなに顔を見てるのかと冗談げに尋ねた。 ロラン・ロマン『ジャン・クリストフ』より引用
  • するとこれらの歌に出てくる「死」は、冗談だったのか本気だったのか。 石川啄木『一握の砂・悲しき玩具』より引用
  • 太夫たいふはうぢや何時いつもの冗談じようだんと思ふから、笑つてばかりゐて相手にしない。 芥川竜之介『南瓜』より引用
  • 私は冗談にしてしまおうとしたけれど、今の彼女には手答えもなかった。 豊島与志雄『或る男の手記』より引用
  • ダンは彼女の話を冗談だと受け取ったが、リンは深刻な顔でうなずいた。 乙一『平面いぬ。』より引用
  • その手がロレンスの服をしっかりつかんでいるのも、冗談じょうだんではないだろう。 支倉凍砂『狼と香辛料Ⅵ』より引用
  • だから帰れば家でも毎日を冗談と笑い話で暮しているようなものである。 金史良『故郷を想う』より引用
  • 彼は、他の客とずっと離れた椅子へ掛けた二人に近寄り女に冗談を云った。 岡本かの子『ドーヴィル物語』より引用
  • 私は冗談のつもりで云ったのだが子供には私の意味がよく分るまいと思った。 寺田寅彦『小さな出来事』より引用
  • 彼女は笑いだしたが、明らかにぼくが冗談をいったと思っているようだった。 キャロル/柳瀬尚紀訳『シルヴィーとブルーノ』より引用
  • 院がこう冗談じょうだんをお言いになると、宮の几帳きちょうの下からお贈り物の笛が出た。 与謝野晶子『源氏物語』より引用
  • 僕には鮎川の冗談めかした態度なんか、まったく目に入っていなかった。 藤谷治『船に乗れ!Ⅰ 合奏と協奏』より引用
  • と私は冗談を云って茶を出すことがあるが、茶は嫌いだと清江はいう。 横光利一『夜の靴』より引用
  • 次へ »

冗談 で始まる単語