冒険

全て 名詞
12,366 の用例 (0.01 秒)
  • ところが五分待っても十分待っても冒険家は容易に顔を現わさなかった。 夏目漱石『彼岸過迄』より引用
  • 確かにわしとカーラとはかつて同じ仲間として共に冒険ぼうけんしたことがある。 水野良『ロードス島戦記 1 灰色の魔女』より引用
  • 仕事の依頼が成立すれば、冒険者の店には斡旋料あつせんりようが入ることになるのだ。 水野良『魔法戦士リウイ 第03巻』より引用
  • あたしの見るところでは、あなたの生活が、もう一つの冒険だと思ふわ。 岸田国士『恋愛恐怖病(二場)』より引用
  • きびしい仕事だと知ってて、それでも冒険者になるのを選んだんでしょ? 山本弘『サーラの冒険 Extra 死者の村の少女』より引用
  • たぶん、おまえがここで経験した冒険とは少しばかりちがうだろうがね。 サド/大場正史訳『ソドムの百二十日』より引用
  • 冒険者仲間と言っても、立場の低いリウイにはそう答えるしかなかった。 水野良『魔法戦士リウイ 第03巻』より引用
  • 又深い生活の冒険者が知っているように知っているのではないかも知れない。 有島武郎『惜みなく愛は奪う』より引用
  • あれを読むと子供はだれでも、冒険がやりたくてたまらなくなるんです。 横溝正史『金田一耕助ファイル09 女王蜂』より引用
  • 彼のような魔術師を、冒険者仲間のあいだでは魔法戦士ルーンソルジャーと呼んでいる。 水野良『剣の国の魔法戦士』より引用
  • 彼は冒険の途中に、また新しい面倒が起ったとばかり思ったからです。 三宅幾三郎『ワンダ・ブック——少年・少女のために——』より引用
  • まあ、善と悪の冒険者同士の、これが最も理性的な挨拶と言えるだろう。 ベニー松山『風よ。龍に届いているか(上)』より引用
  • 単に商売道具として本を需める場合には、殆んど冒険が伴うことはない。 山口昌男『道化的世界』より引用
  • しかし読書においても冒険するのでなければ得ることがないであろう。 三木清『如何に読書すべきか』より引用
  • 生徒らはその非常な冒険からただつまらない楽しみを得たのみだった。 ユゴー・ヴィクトル『レ・ミゼラブル』より引用
  • これらの冒険は容易にわたしの最初で最後の冒険になればなりえたものだった。 ヘッセ/佐藤晃一訳『郷愁』より引用
  • 今晩は、夜の冒険ぼうけんがあるというが、いったいどんなことをするのだろう? ドイル『赤髪組合』より引用
  • 次章にご紹介する大冒険も、すべて、こんな調子ではじまったのである。 ドイル/斎藤伯好訳『マラコット海淵』より引用
  • 確かに、男性の場合には、夢と冒険の旅に出るのですから一人でできます。 岩月謙司『女は男のどこを見ているか』より引用
  • この場には、彼がこれまでいくたびとなく想像してきたような冒険があった。 O・ヘンリー/大久保博訳『O・ヘンリー短編集(上)』より引用
  • 次へ »