再起

全て 名詞
1,357 の用例 (0.01 秒)
  • ここで作家として再起に失敗しても、それぞれ自立してくれるであろう。 横溝正史『金田一耕助のモノローグ』より引用
  • そんなあいつをわたしは再起させたいと思っていたのかと思うと! ジェイムズ・ブリッシュ『05 メトセラへの鎮魂歌』より引用
  • ムーはその歴史を残し続けている人類の存在を信じて地球での再起を考えた。 遠藤雅伸『小説 ゼビウス』より引用
  • ジョニーの前で、奴のヒット曲歌ってチャンスをつかんで再起するんだ。 栗本薫『翼あるもの3』より引用
  • 再起した彼女が馬ばかり撮りはじめたのは、昭和四十五年からである。 小堺昭三『カメラマンたちの昭和史(7)』より引用
  • 再起不能に近い打撃を受けながらも、私は必死に防衛策を考えました。 森村誠一『密閉山脈』より引用
  • そして今度お見えになった時こそ、再起のご準備におかかりなさい。 吉川英治『三国志』より引用
  • その後の経済復興・発展により船会社も再起を果たすことが出来た。
  • まったく同じ刺激が時間的に等間隔で再起するものをパルスと呼んでいる。
  • 再起に向けて対外活動を始めたのは、平成四年十一月に入ってからである。 佐藤正明『ホンダ神話 教祖のなき後で(上)』より引用
  • 全国のファンがひたすら気にかけてこの人の再起を待ちこがれていました。 栗本薫『真夜中の天使6』より引用
  • しかし必ずしも徹底的な打撃ではなく、氏治は再起する力を温存していた。
  • 敵の非難は勢いを増し、英雄は一時落胆するが、やがて力強く再起する。
  • 青春模様に絶望している場合ではない、と再起を試みて顔を上げる。 入間人間『電波女と青春男 第06巻』より引用
  • の目的と、宮方再起の日とを、かたく期している模様だとのことだった。 吉川英治『私本太平記』より引用
  • いまこそ君を中心に、秩父研究所の再起をはかろうではありませんか。 安部公房『飢餓同盟』より引用
  • いったい写真師として再起できるのかどうかさえ不安だった。 工藤美代子『工藤写真館の昭和』より引用
  • 老将の病状は急速に悪化し、数日のうちに、誰の目にも再起は不可能と映った。 田中芳樹『紅塵』より引用
  • 同様に、再起不能なくらい痛めつけた相手の正体も不明にしておいた。 菊地秀行『トレジャー・ハンター02 エイリアン魔獣境 I』より引用
  • やっと自由に何でも書ける時代が来たのを知りながら、再起できなかったのだ。 戸板康二『新々ちょっといい話』より引用
  • 次へ »