再興

全て 名詞
4,565 の用例 (0.01 秒)
  • 第六軍が再興しようと企図していた作戦の構想は、概要次の通りである。 五味川純平『ノモンハン(下)』より引用
  • まず入ってきたのは東大寺再興の際に用いられた様式で、大仏様と呼ぶ。
  • 日清戦争で清が敗北したことで、琉球王国の再興は絶望的な状況となった。
  • 財産のほとんどを失った瀕死の右代宮家の再興を託されることになった。 竜騎士07『うみねこのなく頃に Episode 1 The Legend of the Golden Witch [A3879D13]』より引用
  • 今一日の隠忍の緒を切れば、将来数年再興の日が遅れることになるのだ。 山田風太郎『戦中派不戦日記』より引用
  • 彼がそのつもりになりさえしたら、笠ヶ岳再興はできるだろうと思った。 新田次郎『槍ヶ岳開山』より引用
  • 慶長3年、秀吉は自らの死の直前になって三井寺の再興を許可している。
  • 攻撃再興に関しては、陸海軍の実戦部隊がほとんど確信を持っていない。 五味川純平『ガダルカナル』より引用
  • しかし、なんでもかんでも主家を再興しさえすればよいというのではない。 海音寺潮五郎『赤穂義士』より引用
  • 加増はされなかったが、政図のときに東家の家格は再興することになる。
  • 第七師団主力と第二師団の戦場到着を待って、攻撃を再興するというのである。 五味川純平『ノモンハン(下)』より引用
  • 館山市にある頼忠寺は彼が再興した寺院であると伝えられている。
  • 室町時代から中断されていたのを、明治になって再興したものである。
  • この雑誌は中間十年ばかりを隔てて、五巻以下を再興しかかったことがある。 柳田国男『予が出版事業』より引用
  • とこたえて、まだ、自分は再興運動に絶望しているわけではないといった。 海音寺潮五郎『赤穂義士』より引用
  • 笠ヶ岳再興という儀式はおごそかになされなければならないと考えていた。 新田次郎『槍ヶ岳開山』より引用
  • その貢献から、演劇部は智代による生徒会により一時的に再興される。
  • 失われたポイボス再興のため、ジョーグのたった一人での戦いが始まる。
  • 滅んだ国を再興したいとも、離散した民を集めたいとも言わなかった。 三雲岳斗『カーマロカ 将門異聞』より引用
  • もしドイツが支援すれば、ファシスト政権の再興も可能な状況にある。 木村裕主『ムッソリーニを逮捕せよ』より引用
  • 次へ »