再度

全て 副詞
11,004 の用例 (0.02 秒)
  • 連中は、それからたった二日しか間を開けず、再度の襲撃をかけてきた。 高橋弥七郎『灼眼のシャナ 第15巻』より引用
  • 妻がふたたびわたしの傍らに戻った時、わたしは再度彼女と恋におちた。 フィルポッツ/赤冬子訳『赤毛のレッドメーン家』より引用
  • その直後に、旗姫は七郎太から魔の淫血を再度吹きつけられたのだから。 山田風太郎『忍法剣士伝』より引用
  • なんだか妙に説明的な台詞の後に、相手の子が再度腕を伸ばしてくる。 井上堅二『バカとテストと召喚獣 6.5』より引用
  • さらにそれを移植チームのチーフに見せ、再度の確認作業を行っている。 楡周平『マリア・プロジェクト』より引用
  • 一発目より痛かったそれのせいで、比呂緒は再度机の上に伏せてしまう。 中村恵里加『ソウル・アンダーテイカー』より引用
  • 再度の脱獄を心配して殺し急いだ印象を受けるのも無理ないことだ。 大塚公子『死刑囚の最後の瞬間』より引用
  • マールハイトは抜け目なくそう言って、再度二人で笑いあったのだった。 支倉凍砂『狼と香辛料Ⅰ (電撃文庫)』より引用
  • いったん帰宅を許されていた横尾に二十二日再度任意同行が求められた。 森村誠一『殺人の赴任』より引用
  • 瀬田は森本刑事に、東京に連絡して再度確認を依頼するよう、指示した。 内田康夫『天河伝説殺人事件(上)』より引用
  • そして再度箱を拾い上げ、自分の母親を下から見上げてにっこりと笑う。 中村恵里加『ソウル・アンダーテイカー』より引用
  • この文章が印刷所に入稿している頃、ぼくは再度インドの旅に出ています。 横尾忠則『なぜぼくはここにいるのか』より引用
  • 再度さいど声をかけてみるものの、聞こえていないのか一人小さくそうつぶやいてる。 五十嵐雄策『乃木坂春香の秘密 第04巻』より引用
  • 米村重一郎は、その日捜査員が帰ったころから心理に再度の動揺があった。 松本清張『馬を売る女』より引用
  • 思わず声を上げたのはクラスで、再度二人から視線を向けられた。 支倉凍砂『狼と香辛料Ⅶ Side Colors』より引用
  • 聞えぬのかと思って再度注意したがやっぱり知らぬ顔をしていた。 菊池寛『日本武将譚』より引用
  • 再度京へ引き返したが、そのころにはもうどこにもお妻の姿はない。 池田弥三郎『話のたね』より引用
  • してみるとバック・カップへの再度の攻撃を遅らせているのはこの海の状態なのか? ヴェルヌ/大久保和郎訳『悪魔の発明』より引用
  • 都市旗の前まで後退こうたいした二人はまようことなく再度さいどの突進をかけてくる。 雨木シュウスケ『鋼殻のレギオス07 ホワイト・オペラ』より引用
  • 彼等が再度銀行に戻ることは特別の例外を除いて、まずなかった。 山田智彦『銀行 男たちの報酬』より引用
  • 次へ »

再度 で始まる単語