再会

全て 名詞
7,098 の用例 (0.01 秒)
  • 私が学生時代にずっと学園のスターだった男性に十数年ぶりに再会した。 柴門ふみ『恋愛の法則36』より引用
  • 空港に迎えに来た彼女と、再会した姉妹のように喜び合って手を取った。 山本文緒『ブルーもしくはブルー』より引用
  • 一年ぶりの再会であるが、娘はそれほど成長したような印象がなかった。 水野良『新ロードス島戦記1 闇の森の魔獣』より引用
  • それはまるでわたしとの再会を有頂点になって喜んでいるようであった。 デフォー/佐山栄太郎訳『ロビンソン・クルーソー』より引用
  • もし今列車で再会しなければ一生思い出す筈のなかった顔なのであった。 浜尾四郎『途上の犯人』より引用
  • このレストランを再会の場に指定された彼女は、当然ながら深読みした。 田丸公美子『シモネッタのデカメロン イタリア的恋愛のススメ』より引用
  • その一つは、再会した日本の友人たちとうまくいかなかったことである。 阿川尚之『アメリカが嫌いですか』より引用
  • けれど彼に再会したり手紙を書いたりすることは、少しも求めなかった。 ロラン・ロマン『ジャン・クリストフ』より引用
  • たしかに彼女と再会したとき、あまりの元気さに私はショックを受けた。 群ようこ『モモヨ、まだ九十歳』より引用
  • いままで両親だって思ってたひとたちと、どういう再会になるんだろう。 川島誠『NR(ノーリターン)』より引用
  • 約一カ月半ぶりの再会を果たしたのだが、誘ったのは彼女のほうだった。 神崎京介『禁忌』より引用
  • 伯爵が再会の約束を必ず守ってくれるかどうかまだ心配だったからである。 アレクサンドル・デュマ/泉田武二訳『モンテ・クリスト伯(2)』より引用
  • 先に一人で北海道に帰しておいて、あとで再会できると思ったんだろう。 村上春樹『1Q84 BOOK2』より引用
  • 遠い青春時代に別れた肉親なり恋人にでも再会した思いがしたであろう。 綱淵謙錠『幕末風塵録』より引用
  • カルロス・サンタナと一緒に鎌倉に遊びにいったのが彼との再会だった。 横尾忠則『なぜぼくはここにいるのか』より引用
  • 平目と再会することができぬように自分は彼女と出会うこともあるまい。 遠藤周作『口笛をふく時』より引用
  • 戦地で家族と離ればなれになった少女が家族と再会を果たしたとあった。 西田俊也『love history』より引用
  • やつらがおれとおなじ管轄の署内で再会したのも思わぬ偶然だった。 西尾正『放浪作家の冒険』より引用
  • このあり得ない再会を現実のものとしながら、むろんお龍は混乱している。 山田風太郎『幻燈辻馬車(下)』より引用
  • 五年ぶりに再会した友人がたった一人で戦に乗りだしていくとしたら? 茅田砂胡『デルフィニア戦記 第02巻 「黄金の戦女神」』より引用
  • 次へ »