再び走り出す

20 の用例 (0.00 秒)
  • わけがわからないまま再び走り出したとき、今度は前方に、落雷らくらいに似た光を見た。 荻原規子『西の善き魔女外伝3 真昼の星迷走』より引用
  • 再び走り出したパトカーの中で、十津川はその中年の運転手から事情を聞いた。 西村京太郎『ミニ急行「ノサップ」殺人事件』より引用
  • 車が再び走り出した時、ボールドウィンがさりげない調子でたずねた。 ナポレオン・ソロ・シリーズ『05 人類抹殺計画』より引用
  • 同じ形状のパーツが他にもたしかあったはずだ、それも取ってくる、と再び走り出す。 竹宮ゆゆこ『とらドラ! 第07巻』より引用
  • その子は葉書を投函とうかんすると、自転車の向きをクルリと変えて再び走り出した。 今野緒雪『マリア様がみてる 24 仮面のアクトレス』より引用
  • 必要なことだけを話すと、三番機は再び走り出した。 榊涼介『ガンパレード・マーチ 09 九州撤退戦・下』より引用
  • そう言いながら運転手は、気を取りなおし、車は再び走り出した。 上野正彦『死体は語る』より引用
  • その間に大和は折り重なってもがく四人を飛び越え、再び走り出した。 加藤実秋『インディゴの夜 全4話』より引用
  • 運転手はモトラドをたたき起こし、西へ向けて再び走り出した。 時雨沢恵一『キノの旅 第04巻』より引用
  • この状態で再び走り出すのは不可能だろう。 鎌池和馬『とある魔術の禁書目録 第18巻』より引用
  • 愛の行方を追おうと翼は再び走り出していた。 山田悠介『リアル鬼ごっこ』より引用
  • 再び走り出してみると、なぜか、からだの方が自然にアルコールや脂肪を要求しなくなってきたのだ。 川島誠『もういちど走り出そう』より引用
  • 二十数える間そのままその場に停止していたあと、再び走り出して今度は馬が竿立さおだちになるように前輪を上げて後輪だけで立ち上がって見せる。 縞田理理『霧の日にはラノンが視える3』より引用
  • 「よっぽどいらいらしてたんだな」車が再び走り出した時ジュリアスが言った。 クリスティ/一ノ瀬直二訳『秘密組織』より引用
  • 素早く真奈美も席に戻り、ドアを閉めながらムスタングは再び走り出した。 神野オキナ『あそびにいくヨ!第01巻』より引用
  • トラックが再び走り出し、わたしは車に戻った。 日野啓三『あの夕陽』より引用
  • そしてそのまま再び走り出し、道の先を急いだ。 伊都工平『天槍の下のバシレイス1 まれびとの棺 〈上〉』より引用
  • 男は、無言で俺にバッグを押し付け、逆方向へ再び走り出した。 川島誠『NR(ノーリターン)』より引用
  • 再び走り出すと、さすがに子供たちも疲れたとみえて、それぞれの寝台にもぐり込み、静かになった。 西村京太郎『寝台急行「天の川」殺人事件』より引用
  • いつもなら八つ当たりの罵声ばせいを浴びせかける小松が、文句も言わずに再び走り出したのも異常なことだった。 福井晴敏『終戦のローレライ(上)』より引用