再び旅立つ

19 の用例 (0.00 秒)
  • リーグ終了後はいつかサトシに勝利することを宣言し、サトシたちと別れ再び旅立った。
  • かつての悪魔が復活したとの噂をされている中、勇者フレイは事態の真相を探るため再び旅立って行った。
  • こうして校長と孫は再び旅立つのであった。
  • 于とその娘・楚々の献身によって傷を癒した雲は雄覇打倒を目指して再び旅立つ。
  • 兄は蝦夷地へと、再び旅立ってしまったのです。 浅田次郎『壬生義士伝 下』より引用
  • 試合後はキッサキシティのジンダイに再挑戦することをサトシに告げ、再び旅立った。
  • 戦いが終わった後、人の手に余るネクロマンサーの処分を王に頼んだケインは、ロミナをつれて再び旅立つのだった。
  • 再び旅立つ決意をしたソラに約束のお守りを手渡した。
  • これらの説明では、2月20日にボーナムが、より多くの軍を探すために、ビクトリアやその他の町へ再び旅立ったとしていて、他の説明によると、これらの二つの旅をひとつの任務として結合している。
  • 首尾よく仙都派と金龍幇の争いを収め、金蛇郎君の宝物を手に入れた袁承志と青青は、李自成軍と合流するために再び旅立つ。
  • 一件落着時の旅立ちの際も光圀一行とは別の場所から光圀たちを見守りつつ再び旅立つシーンが描かれているが、これは中谷版弥七でも、お銀や飛猿でも見られたことである。
  • ガトを離れてから、様々な土地を訪れ、時には我が家にも戻ったけれども、いずれも私の心に響かず、長居することなく再び旅立った。 細江ひろみ『聖剣伝説 レジェンド オブ マナ あまたの地、あまたの人』より引用
  • 一定の安息を得た人々は、新編成したオレゴン連邦防衛同盟のトップにパウハタンを据えて、ホルニストに対する完全な勝利を目指し、オレゴンでの役目を終えたゴードンは郵便配達員の制服を身にまとい、次なる目的地カリフォルニアへと再び旅立ってゆく。
  • イッシュ地方でポケモンリーグが開催されることを知ったサトシは、イッシュリーグに出場するために、再び旅立って行く。
  • その後、六十六部聖となり北陸地方や佐渡島を廻国し、青年期の安永2年には信濃で善光寺参詣などを行い再び甲斐へ戻り、再び旅立つと伊豆国で同郷の木喰行道と推定される木食僧と知り合い、木食戒を受けたという。
  • かつてはハネジローことムーキット種と共生関係にあり、が救われて改心した後はハネジローと共に新天地を求めて再び旅立つ。
  • そして目が覚めるとソフィアの正体が明かされ、アムネジアの風が吹いた経緯と賭けの結果を知ったワタルは最後の審判が下る前にソフィアと別れ、ジョニーとの約束を果たすべく再び旅立った。
  • 二人と別れた後、ブライグに捕らわれたマスター・ゼアノートを救い、その際に憎しみに囚われた闇の力を使ってしまい茫然とするが、キーブレードマスターとしてマスター・ゼアノートに認められ、仮面の少年『ヴァニタス』を追って再び旅立つ。
  • 自身の実兄ヒョウと、ラオウの実兄であり北斗琉拳最強の男カイオウを倒したケンシロウは、リンをバットに託して再び旅立っていく。