再び

全て 副詞
74,594 の用例 (0.02 秒)
  • 彼が再び意識を取戻したのはそれからどの位経った後だか分らなかった。 海野十三『地球盗難』より引用
  • いずれ近いうちに再び来て、ほんとうに調査してみたいと思っています。 岡本綺堂『こま犬』より引用
  • そのひとと同じ顔はもう二度と再びこの世に生れて来ることはないのです。 モーパッサン・ギ・ド『墓』より引用
  • 私はあの日感じた背中に氷を這わされたような感覚を再び味わいました。 植松真人『主よ、人の望みの喜びよ』より引用
  • するとそこへ四郎右衛門の老爺が再びのこのことやって来るのであった。 犬田卯『一老人』より引用
  • 私がさきに答えなかったので、その人は再びおなじ言葉をくりかえした。 ホフマン・エルンスト・テオドーア・アマーデウス『世界怪談名作集』より引用
  • この時代が近よると無秩序の不安な状態が再び立帰ってくるであろう。 寺田寅彦『宇宙の始まり』より引用
  • すべての疲れたる者はその人を見て再びその弱い足の上に立ち上がる。 有島武郎『二つの道』より引用
  • 一度書き表はされたことは其物が失はれぬ限り再び書き返す必要がない。 阿部次郎『三太郎の日記 第一』より引用
  • 帰るときに再び見かえると、壁のきわにはやはり白いものの影がみえた。 岡本綺堂『百物語』より引用
  • 博士は、切ってしまったスイッチを、再び入れようとはしないのだった。 海野十三『火星兵団』より引用
  • 私の口から出かかっていた言葉は、再び腹の奥の方へと戻ってしまいました。 植松真人『主よ、人の望みの喜びよ』より引用
  • 恐ろしいビルディング崩壊が再び始まったのはその日の午後であった。 海野十三『○○獣』より引用
  • 弟にてもあるかと思ったが、その場限りの筈の者が関川でも再び現われた。 江見水蔭『怪異黒姫おろし』より引用
  • 私が再び女を見かけるようになったのは三、四日経ってからのことでした。 植松真人『主よ、人の望みの喜びよ』より引用
  • それが機会となって、魚戸と僕は再び地球の上での交際をとり戻した。 海野十三『宇宙尖兵』より引用
  • 事件が、また再び、千二少年の行方のところへ戻って来たのであった。 海野十三『火星兵団』より引用
  • が、よく調べてみると別の世紀の話だったりして、再び仕事にかかります。 キャロル・ルイス『心を養う』より引用
  • さうして私は再び日本の音楽に対する外国人の批評を耳にし機会を得たのである。 阿部次郎『帰来』より引用
  • 彼は興奮しきつて、どうして再び馬に乘つたかも知らない位であつた。 阿部次郎『三太郎の日記 第二』より引用
  • 次へ »