円筒形の建物

16 の用例 (0.00 秒)
  • この円筒形の建物はつまり塔で、この塔めがけて母親は遠くから歩いてきたのだった。 ユゴー/榊原晃三訳『九十三年』より引用
  • 事件があったのは、円筒形の建物の、ちょうど真裏に当たるはずだ。 矢作俊彦『東京カウボーイ』より引用
  • 円筒形の建物に4つの舞台が設置され、場面転換にはそれぞれの舞台の正面に観客席が回転する仕組みになっていた。
  • 歩きつつ、シェーラは円筒形の建物のひとつに近づいて行く。 眉村卓『不定期エスパー8』より引用
  • 四阿自体も円筒形の建物で、腰のあたりまでレンガの壁になっていて、その上は木造だ。 赤川次郎『マリオネットの罠』より引用
  • 直方体の建物に隣接して円筒形の建物と底面が楕円形のレセプションホール棟がある。
  • それに、収穫したものを納めておくのだと思われる、屋根のついた大きな円筒形の建物が四つである。 眉村卓『不定期エスパー8』より引用
  • 真っ白い円筒形の建物で、そして屋根は西洋の寺院にあるドームのように半円形をなしていて、それが血のように真っ赤な色に光っているのだった。 横溝正史『山名耕作の不思議な生活』より引用
  • シェーラは、屋根のついた大きな円筒形の建物が四つ並ぶあたりに向かいながら、また喋りだした。 眉村卓『不定期エスパー8』より引用
  • 正面の四角い建物の背後に、銀色にかがやくガスタンクのような円筒形の建物がそびえている。 小松左京『夜が明けたら』より引用
  • その喫茶店の窓からは、ガラス張りの円筒形の建物が見え、銀座通りを歩く人波を見おろすことができた。 半村良『黄金伝説』より引用
  • ガスタンクの中のような、円筒形の建物の中央に、水力発電機のような形をした、でっかい装置がでん、とすわっている。 小松左京『夜が明けたら』より引用
  • 円筒形の建物の1階から3階までが展示室となっており、鉱物・鉱石の展示と、それを通した地殻活動・地球史、あるいは人類活動と鉱物資源との関わり、鉱業活動についての展示と解説を主眼としている。
  • ぺこぺこ謝る瞳亜と、僕の説明に得心のいかないらしいアレッシアを引き連れ、雑巾ぞうきんブーメランになぎ倒された木々に囲まれる巨大きょだい円筒えんとう形の建物の前に立つ。 竹井10日『ポケロリ 01 りぼんの章』より引用
  • ドアの向うは、すぐに戸外で、さっきよりずっと小やみになったものの、暗い空から相かわらず雨がふりそそぎ、時おりパーッと遠くの空がうすく光ると、左手の高い建物と、右手の円筒形の建物のシルエットがうかび上るのだった。 小松左京『夜が明けたら』より引用
  • 細長い円筒形の建物がいくつもならび、それぞれの円筒形は窓のない通路でつながれて、ちょうどクモの巣のように、放射状《〔註11〕》にひろがっているのだった。 山田正紀『宝石泥棒』より引用