円筒形の体

17 の用例 (0.00 秒)
  • ほぼ円筒形の体の片方が平面になっており、これを口盤という。
  • イモムシと呼ばれるチョウ、ガの幼虫は、普通、円筒形の体をしている。
  • 一般には円筒形の体で、前胸だけが大きく、腹背にやや平たい。
  • その後、成体と同じ円筒形の体に変態するが、その際、大きさがずいぶんと小さくなる。
  • なお、この二つの中間的な型として、円筒形の体の側面から触手を出す型があり、これをアクチヌラという。
  • アフリカ東岸からポリネシアまで、その分布範囲は極めて広いが、実際には複数の遺伝子集団で構成されていることが明らかにされつつある ウナギ科の仲間は細長く円筒形の体をもち、いわゆるウナギ型をしている。
  • ドクウロコイボダイ科の仲間は細長い円筒形の体をもち、明瞭な鱗に覆われる。
  • それを個々に見れば、傘を持つクラゲ型の個体も多く含まれるが、たとえば栄養個虫と呼ばれるものは、円筒形の体に大きな口を持ち、明らかにポリプ型である。
  • 円筒形の体に、疣足をもっている。
  • 円筒形の体の上に、吻を取り囲むように16本前後の触手が並び、体の底は円形の組織があり、海底に固着していたと考えられる。
  • 円筒形の体と平たい頭はコモリザメに似るが、尖った背鰭と鎌形の胸鰭で区別できる。
  • レプトケファルスは成長して稚魚になる段階で変態を行い、扁平な体から円筒形の体へと形を変え「シラスウナギ」となる。
  • 栄養状態が良ければ、円筒形の体の中程から横に小さな突起ができ、その先端の周辺に触手ができて、それらが次第に成長し、本体より一回り小さな姿になったとき、基部ではずれて独り立ちする。
  • 細長い円筒形の体と腹背にやや扁平な頭部をもち、体長は30cmほどのものから1m近くになるものまで、種類によって異なる。
  • 成体は円筒形の体、体側の隆起線、非常に長い尾鰭、薄黄色の体色に散らばる黒い斑点を持ち、識別は容易である。
  • 甲冑のようないかつい頭部と円筒形の体、大きな鱗が本科魚類の特徴である カブトウオ科の仲間は全体的に丸みを帯びた円筒形の体型をもち、最大でも全長15cm程度の小型魚類である。
  • 頑丈な円筒形の体、幅広く平たい頭を持つ。