円筒座標

6 の用例 (0.00 秒)
  • 物理学や幾何学においては、円筒座標や球座標などのがしばしば用いられる。
  • 円筒座標と球座標における標準単位ベクトルからなる基底は交換係数が消えないような例を与える。
  • これは円筒座標系の計量である。
  • 直交座標系においては、ラプラシアンは各独立変数に関する函数の二階偏導函数の和として与えられ、またほかに円筒座標系や球座標系などの座興系においても有用な表示を持つ。
  • 後者の座標系の話は、例えばデカルト座標系、球面座標系、円筒座標系、あるいは楕円座標系や抛物座標系の場合にも が成り立つ。
  • 円筒座標を使えば、もっと単純に表せる。