円筒容器

10 の用例 (0.00 秒)
  • 特徴ある円筒容器をそっと開け、コノワタを小皿に取り、犬小屋に行く。 姫野カオルコ『禁欲のススメ』より引用
  • 彼は広い部屋の中央にある、赤い液体に満たされた円筒容器の中で逆さに浮かんでいる訳だが、その液体が若干じやつかん揺れた程度でしかなかった。 鎌池和馬『とある魔術の禁書目録 第13巻』より引用
  • ファミリーサイズのペットボトルを三本ぐらい縦につなげた程度の、透明の円筒容器を背中に担いだ男だ。 鎌池和馬『とある魔術の禁書目録 第13巻』より引用
  • 中央にある回転式のパドル、タービンまたはプロペラにより攪拌される円筒容器内では、レイノルズ数は次のように定義される。
  • ヒーターで加熱された円筒容器内で一定量の合成樹脂を、定められた温度で加熱・加圧し、容器底部に設けられた開口部から10分間あたりに押出された樹脂量を測定する。
  • しかし、円筒容器の中身は、自分達の権威が失墜することを恐れたガタノトーアの大神官・イマシュ=モにより、何の効力も持たない別の巻物にすりかえられていた。
  • BLU-114/Bが制動傘で減速しながら事前に設定された対地高度まで落下すると、起爆装置で円筒容器が破壊され糸を空中で散布する。
  • この方式には釜の大きさに応じた量を1回ごとに煮込む「バッチ式」と、連続して煮込む「連続式」があるが、チップを縦に細長い円筒容器の頂部から投入し、薬液と混入し煮たのち、底部から連続的に取り出す方式が連続蒸解釜であり、カミヤ式連続蒸解釜が主流となった。
  • メイは海藻を円筒えんとう容器に移した。 野尻抱介『クレギオン 7 ベクフットの虜』より引用
  • トゥヨグは、身を護る呪文を認めたプタゴン皮紙の巻物を、ラグ金属製の彫刻入りの円筒容器に入れ、「空の燃える日」の夜明けに玄武岩の斜面を登ってヤディス=ゴー山の頂を目指した。