円筒埴輪

282 の用例 (0.01 秒)
  • これらの特殊土器類が発達し変遷して円筒埴輪の発生や成立に関係した。
  • また、後円部からは墳丘に近い周濠全体からは円筒埴輪が出土している。
  • そこでは、人物埴輪と円筒埴輪が列状に配置された状態で検出されている。
  • 墳頂部には赤く塗装した底部穿孔壺が円筒埴輪のように配列してあった。
  • ここからも、生出塚産と推定される人物埴輪・円筒埴輪が出土している。
  • 周囲は円筒埴輪はにわで囲まれ、川原石によって後円部の半分まで覆われていた。 黒岩重吾『白鳥の王子 ヤマトタケル 6 終焉の巻』より引用
  • ここに約30センチメートルの円筒埴輪の埋没が各所で確認されている。
  • これらがやがて宮山型を経て都月型円筒埴輪・特殊型土器埴輪になっていく。
  • 円筒埴輪は墳丘に1340本ほどが樹立されていたとみられている。
  • 出土した円筒埴輪により古墳時代後期の6世紀初頭前後が推定されている。
  • 円筒埴輪の時期は川西編年のIII期からV期で、V期に属する物が多い。
  • 円筒埴輪は10センチの間隔を置いて並べられており63個体が発掘された。
  • 後二子古墳の特徴的な出土品の一つに、猿と犬の小像の付いた円筒埴輪があげられる。
  • 主体部の構造や副葬品については未詳であるが、円筒埴輪片が採集されている。
  • 前方部東側の墳丘裙やや外側ではそれまで知られていなかった円筒埴輪列が原位置のまま確認された。
  • 墳丘の西側の段と東側の溝からは円筒埴輪列が検出されている。
  • 宮内庁が実施した墳丘東側裾の発掘調査では円筒埴輪が出土している。
  • 出土した円筒埴輪などの特徴から、6世紀前半に築造されたものと考えられている。
  • 円筒埴輪や形象埴輪が出土しているが、配置位置までは不明である。
  • 円筒埴輪は無黒斑で土師質のものと須恵質の両者が並存している。
  • 次へ »