円筒図法

17 の用例 (0.00 秒)
  • 図の性質と作成方法から正角円筒図法ともいう。
  • これにより、正積円筒図法の特徴を保持したまま、特に注目したい緯度を正角にできる。
  • 擬円筒図法とは、円筒図法のいずれかの条件を欠くことによって何らかの性質の改善を試みたもの。
  • 赤道を基準線とした円筒図法が、同緯度・同経度の関係を一目で把握しやすく、もっとも多く使われている。
  • 小縮尺の地図であれば、真北を常に上に出来るメルカトル図法など正軸の円筒図法を除いて、中心経線以外が真上を向いてない事がすぐに分かる。
  • その極限は、赤道で円筒が地球に接する場合の投射円筒図法である。
  • 横メルカトル図法の一種で円筒図法に分類されるが、地球が回転楕円体であることを考慮しており、投影の中央に当たる中央子午線上の子午線弧長が保存されるように投影される。
  • 地図は投影図としての形式から円錐図法、方位図法、円筒図法に大別することが可能であるが、それぞれに分析上の利点と問題があることを理解しないとならない。
  • しかしメルカトル図法は縮尺の変化が大きいため、厳密な正角性を必要としない用途では他の円筒図法や擬円筒図法もよく用いられる。
  • 次の例は、経線を曲線とすることによって、ランベルト正積円筒図法よりは高緯度地方の変形を抑えつつ正積図法となるようにしている。
  • 伝統的には円筒図法、円錐図法、方位図法の三つに大別される。
  • 円筒図法で正積図法とするため、高緯度ほど緯線の間隔を狭める。
  • 正角円筒図法である。
  • 地球を円筒に投影して作成する 円筒図法は、地図投影法の分類のひとつで、地球に巻き付けた円筒に地物を投影して作られる図法、転じて、経線と緯線が直交する直線群となる図法のこと。
  • 標準緯線が赤道となるランベルト正積円筒図法のみが接円筒図法で、それ以外は割円筒図法である。
  • 正積円筒図法は、地図投影法の一群である。
  • 地図は投影面の種類によって、平面図法、円錐図法、円筒図法、便宜図法に分類される。