円筒印章

29 の用例 (0.00 秒)
  • 円筒印章は古代メソポタミアで所有者などを示すために使用された印章である。
  • フルリ人の円筒印章にはしばしば翼のある人間や神話的な動物、竜や他の怪物が描かれている。
  • 最初の円筒印章も、原エラム期に発見されたものである。
  • その墳墓の中からはシュメール語で彼女の名が刻まれた保存状態のいい円筒印章が見つかった。
  • フルリ人の円筒印章は精緻に彫られており、しばしば神話的なモチーフが採用された。
  • ウル市の洪水で堆積した層の中から彼の名前を刻んだ円筒印章が発見されており、彼と彼の妻の名を刻んだラピスラズリのビーズも発見されている。
  • アナトリアにおけるアッシリア商人の拠点であったカネシュからは、彼の名を持った円筒印章がいくつか発見されている。
  • 今日、女王の頭飾り、円筒印章、女王の遺体はペンシルベニア大学博物館に展示されている。
  • これはDominique Collon博士により発見された5000年以上前の円筒印章上のもので、現在大英博物館に所蔵されている。
  • エタナ王に関する説話はシュメール以降のメソポタミアでも知られた説話であり、円筒印章の図になっていたり、各時代時代の翻訳版が存在していたりしている。
  • 最も初期の円筒印章は紀元前36世紀頃の層から発見されたシャファラバードで発見された印影であり、この時代以降、手紙や契約文書の主体を示すために急激にメソポタミア各地へ広まった。
  • この遺跡からはバビロニア末期の円筒印章や楔形文字の書かれた粘土板なども出土しているが、ヘレニズム期以前の建築物の跡は現在見つかっていない。
  • 楔形文字の普及範囲と円筒印章の普及範囲は大体一致し、ヒッタイトやエラムなどでも用いられた。
  • ウルク文化期後期には支配階級や専門職人や商人が現れ、ウバイド文化期には認められなかった円筒印章やプラノ・コンヴェクス煉瓦が登場した。
  • アッシリアでは、護符・足輪・複数の紐を使った重々しい首飾り・円筒印章など、男性・女性ともに数多くのジュエリーを身につけていた。
  • 初期のヒッタイト人は、その出自は不明確だが、既に存在したハッティ人やアッシリアの商人から多くの文化を取り入れており、中でも特筆すべきものは楔形文字や円筒印章の使用である。
  • ウル第3王朝時代になると粘土板文書にも円筒印章が使用されるようになり、王や王妃、官僚、商人などの印影や印章が多数発見されている。
  • この円筒印章には絵柄と共にウラルトゥ語の楔形文字が刻まれていたが、1960年になってこの文字が判読され、「ルサの息子ルサ」という名のウラルトゥ王の名が記されていると判明した。
  • 紀元前1千年紀半ば頃から次第に記録媒体が粘土板から羊皮紙やパピルスに移るようになると楔形文字が用いられなくなり、粘土板に押し付ける用途を持った円筒印章も使用されなくなっていった。
  • 孫のキュロス2世が残した円筒印章によれば、キュロス1世はアンシャンの大王でテイスペスの息子とされている。
  • 次へ »