円柱上皮

16 の用例 (0.00 秒)
  • 卵管の壁は粘膜、筋層、漿膜の3層からなり、粘膜上皮は単層円柱上皮である。
  • 子宮・卵管・細気管支などの上皮に見られる、線毛を持つ単層円柱上皮は単層円柱線毛上皮と呼ばれる。
  • 導管は大きくなるにしたがい単層ないし二層円柱上皮で覆われ、内腔は次第に大きくなる。
  • 卵管や子宮が単層円柱上皮である。
  • 横断面で見ると円柱のように見えるため円柱上皮と言うが、実際は六角形に並び、となりの細胞と密接している。
  • 食道は重層扁平上皮であるが、胃に入ると単層円柱上皮となる。
  • 結膜は、散在する杯細胞 と一緒に、重層円柱上皮と重層扁平の両方によって構成されるている。
  • 円柱上皮細胞であり、微絨毛でできた線条縁を有する。
  • 上皮は単層円柱上皮で覆われている。
  • 介在導管の壁は低い単層立方上皮で内腔が狭く、線条導管の壁はその基底膜に近く縦線のある単層円柱上皮で内腔はやや広い。
  • 例えば食道のバレット食道という病変は、かつては重層扁平上皮が粘液円柱上皮に化生したものと考えられていたが、胃粘膜から上皮細胞が移動した結果と考えるものもおり、コンセンサスは得られていない。
  • 外側の扁平上皮部分は染色されるが、内側の腺円柱上皮部分は染色されないため病変が生じる扁平上皮-円柱上皮移行部の判断が可能となる。
  • 噴門は、食道の重層扁平上皮から消化管の単層円柱上皮へとつながる胃と食道の結合部分である。
  • 頻度的には円柱上皮や立方上皮化生、扁平上皮化生のような化生性病変はブルン細胞巣に比較してやや頻度が低かったと報告されている。
  • 単層円柱上皮からなる。
  • バレット食道()とは、下部食道の粘膜が扁平上皮から円柱上皮に変化したもの。

円柱上皮 の使われ方