円柱

全て 名詞
2,034 の用例 (0.02 秒)
  • 前の方に立った円柱は、その窓の縁口と同様に石で造られたものだった。 ベルグ/行方未知訳『イマージュ』より引用
  • 仏炎苞の中央にある円柱状の部分が小さな花が多数集まった花序である。
  • 円柱は最初の一つだけではなく、同じものが無数に連なっているようだ。 川原礫『アクセル・ワールド 07 -災禍の鎧-』より引用
  • 彫刻の裸像はひとり円柱の傍で光った床の上の自身の姿を見詰めていた。 横光利一『ナポレオンと田虫』より引用
  • プリンを皿の上にあけたような円柱型の頭部のみの姿のキャラクター。
  • 床面から、アスナの胸あたりまでの高さがある、白い円柱が伸びている。 九里史生『SAO Web 02』より引用
  • さらに円柱の頂上から、無数の巨大な鉄のモリが天に向かいえていた。 ろくごまるに『封仙娘娘追宝録03 泥を操るいくじなし』より引用
  • 連続的なレリーフは下から上まで円柱の表面を回りながら続いている。
  • それは二年前には閲兵式の時の皇帝の席をささえていた円柱であった。 ユゴー・ヴィクトル『レ・ミゼラブル』より引用
  • それは他のすべての塔、すべての円柱、いや建物全体とかけ離れていた。 北杜夫『楡家の人びと (上)』より引用
  • これは衝撃波が経路に沿った円柱状の形状を持っていたことを示している。
  • あんたの考えでは、この円柱が、何か生殖神崇拝の意味でもあるのかな? フランス/岡野馨訳『舞姫タイス』より引用
  • そのコリント風の円柱の立った中には参詣さんけい人が何人も歩いていました。 芥川竜之介『河童』より引用
  • そのコリント風の円柱の立つた中には参詣人が何人も歩いてゐました。 芥川竜之介『河童』より引用
  • 地震で崩壊してしまったため、今日では8本の円柱が残るのみである。
  • 夜空から巨大な光る円柱のようにさしてきた他の光がそれに加わった。 エディングス『マロリオン物語10 宿命の戦い』より引用
  • 外観は円柱状の中央部を核として、上下面対象の構造物により構成される。
  • 一本一本がまるで太い円柱ほどもあろうという、巨大な指の影法師である。 横溝正史『花髑髏』より引用
  • 中心の玉座の両側には、円柱が一本ずつあって、天井までとどいていた。 サド/大場正史訳『ソドムの百二十日』より引用
  • 結局、僕はマユと退院後、一つの約束を果たすことで事を円柱に収めた。 入間人間『嘘つきみーくんと壊れたまーちゃん 02 善意の指針は悪意』より引用
  • 次へ »