円を支払う

111 の用例 (0.00 秒)
  • そして三四日の後、山本さんの手から賠償金数千円を支払うことになった。 永井荷風『申訳』より引用
  • これらのものに、祥子は全部で五万八千円を支払わなければならなかった。 林真理子『美食倶楽部』より引用
  • この場合、申し立ての際に申請者側が3万円を支払うことになっている。
  • 彼女はどうしてもプレゼントしたがったが、彼はちゃんと五円を支払った。 小堺昭三『カメラマンたちの昭和史(3)』より引用
  • 最終的に異母兄弟には約1000万円を支払うことで法的決着がついた。
  • この手の中のお金を捨てたって、瀬奈が三千円を支払ったという事実は動かない。 竹宮ゆゆこ『とらドラ・スピンオフ! 第02巻 虎、肥ゆる秋』より引用
  • という条件で、篝は五万円を支払ったのだが、その夜ほど興奮したことはない。 梶山季之『女の警察』より引用
  • 客は風俗嬢とのチャット接続料として一〇分間に約六〇〇円を支払っています。 綿矢りさ『インストール』より引用
  • この見返りとして、GHQは当時の金額で一日当り千円を支払っている。
  • 料金は距離に関係なく運転協力費として100円を支払うシステムになっている。
  • この際TTNetは鷹山に事業支援金として60億円を支払っている。
  • 日亜は、遅延損害金を含む約8億4千万円を支払うことで和解が成立した。
  • 各試合において勝利チームに勝利チーム賞10万円を支払う。
  • その後、浅川は保釈金1億円を支払って同年12月19日に保釈された。
  • 我々の知人中には一家の電車代に毎月十円乃至十五円を支払う者は珍らしく無い。 内田魯庵『駆逐されんとする文人』より引用
  • 同人費は月に千五百円で、圭一は春子の分をふくめて三千円を支払わねばならない。 吉村昭『一家の主』より引用
  • この日の朝、私は東京急行に寄り、借金の七千余円を支払ったので、もう四万三千余円しか持っていないのだ。 伊藤整『太平洋戦争日記(三)』より引用
  • 各パートに腕の確かな奏者を揃えるとして一人あたりに月給二十万円を支払うとしよう。 五味康祐『西方の音』より引用
  • 第一回目の十万円を支払ったことで、相手は、油断しているに違いないと、山路は思った。 西村京太郎『怖ろしい夜』より引用
  • このとき、BはAに対して代金15万円を支払うべき債務を負っている。
  • 次へ »

円を支払う の使われ方