内閣更迭

10 の例文 (0.00 秒)
  • このけっか、カナダの内閣更迭のためもあるが、翌年1月1日から新協定が成立し、成功的結果を得たとされた。
  • 提示しなかった理由は、内閣更迭があったことと、日本側対案が米国側には受入れられないだろうと野村大使が判断したからであるという。 ...
  • この頃内閣更迭がしきりに巷間に流布されていたが、それは各方面の検討の結果、現在の政府の方針でやり抜けるという見通しがついたので、内閣は持続に決定したとの説に変って来た。 ...
  • 「とにかくこの際は、なお一層ひとつ御奮発願いたい」 西園寺は頭ごなしにこういって、内閣更迭の話に乗ろうとしなかった。 ...
  • その「事務屋で、政治家じゃない」男が、組閣とともに、「内外の情勢を更に広く深く検討」することになったのだが、統帥部は天皇から何の御諚も受けたわけでもなく、永野軍令部総長は「内閣更迭後といえども決心変化なし」と杉山総長に語ったし、両統帥部は十月二十日に、開戦第一日は十二月八日が妥当と合意していた。 ...
  • 内閣更迭の噂もしきりである。 ...
  • 山縣が古稀庵に住み始めた頃、既に政界からは引退していたが、その政界に及ぼす影響力は依然残っており、内閣更迭改造から閣僚・高官人事に至るまで口出ししたことから、為政者たちは山縣を「小田原の大御所」と呼び、多くの政界関係者が山縣の機嫌伺いに古稀庵を訪れた。 ...
  • 「晴後曇の感逐次濃化し来る」 十月二十日、木戸は天皇から「内閣更迭につき余の尽力に対し優渥なる御言葉を拝し」、感激しながら、「之が唯一の打開策と信じたるが故に奏請した」と言上した。 ...
  • 永田は呆れ果てたが、上司があまりに強引に言うので、「それでは小説でも書くつもりで書いてみましょう」としぶしぶ引き受け、二、三日後に、「陸相拝謁要領」、「内閣更迭」、「合法的時局転回方策」〈菅原裕『相沢中佐事件の真相』62〉の三編からなる〝クーデター計画書〟を小磯に提出した。 ...