内閣

全て 名詞
18,929 の用例 (0.02 秒)
  • 彼は健康の点もあって、長くはこの内閣にいられないことを知っていた。 豊田穣『松岡洋右――悲劇の外交官――(下)』より引用
  • ラインハルトのもとで編成された内閣の構成員はつぎの一〇名であった。 田中芳樹『銀河英雄伝説 06 飛翔編』より引用
  • どんな内閣が次々に出来ても総学連はことごとく押し倒すと言っている。 松本清張『絢爛たる流離』より引用
  • 之は現内閣の進歩でないとすれば堕落であるという他ないかも知れぬ。 戸坂潤『社会時評』より引用
  • 太政官ちうのは、明治十八年まであつたんで、つまり今の内閣のことや。 上司小剣『太政官』より引用
  • 陸軍は再々この手を使って内閣を流産させた不明朗な歴史を持っている。 五味川純平『御前会議』より引用
  • かくて蔡瑁は最後の反対派を殺し、自分の絵図通りに内閣改造を行った。 酒見賢一『泣き虫弱虫諸葛孔明 第弐部』より引用
  • こう云った所が、近衛内閣の案外評判の悪くないという事情なのだろう。 戸坂潤『近衛内閣の常識性』より引用
  • もう、内閣のイデオロギーや何かを云っているどころではないのである。 戸坂潤『近衛内閣の常識性』より引用
  • その数日後にミヤコスの後任の新しい内閣官房副長官から電話があった。 倉橋由美子『アマノン国往還記』より引用
  • 福田はこのあたりから佐藤内閣の重鎮としての地位を確実に固めていく。 水木楊『田中角栄 その巨善と巨悪』より引用
  • 第三に、官僚機構を整備して、将軍を補佐する内閣制をとるべきである。 西村京太郎『天下を狙う』より引用
  • 新しい事態には新しい内閣をという声が一部にあったのである。 豊田穣『松岡洋右――悲劇の外交官――(下)』より引用
  • 吉田内閣の時からは、政府ははっきり反民主的方向を示しはじめた。 宮本百合子『今日の日本の文化問題』より引用
  • 山本は政友、民政の両政党の連合による連立内閣の実現を主張していた。 豊田穣『松岡洋右――悲劇の外交官――(下)』より引用
  • 国民大衆にとっては現内閣が倒れた処ですぐ様喜ぶ理由にはならないのである。 戸坂潤『思想議会たるを知れ』より引用
  • 彼れが唯一の注意は女皇内閣の権力を完全に維持せむとするに在りき。 鳥谷部春汀『明治人物月旦(抄)』より引用
  • そして、できればエジプト内閣の有力な何某なにがしかとのわたりをつけたがった。 古川日出男『アラビアの夜の種族1』より引用
  • 新しい内閣でドゥオモの民は第四層に移住することが決定された。 池上永一『シャングリ・ラ 下』より引用
  • これは最近急に内閣が変ったことに関係があるのだろうか。 胡桃沢耕史『翔んでる警視正 平成篇1 警視正天山南路を行く』より引用
  • 次へ »