内装

全て 名詞
3,552 の用例 (0.02 秒)
  • 現在は全編成とも改造によりオリジナルの内装を持つ編成は消滅している。
  • また内装も一部変更されており、室内の番号表記もプレート式となった。
  • 二輪・四輪車向けシートやドアドリム等内装部品を主力製品としている。
  • 上から何か内装部品でも落ちたのではないかと、啓次は天井を見上げた。 吉村達也『時計』より引用
  • どう見ても後から付けましたという感じで、ビルの内装ないそうにも合っていない。 花鳳神也『死神とチョコレート・パフェ 2』より引用
  • 内装改造代やら最初の運転資金などを含むと、二千万近い金が必要だろう。 坂東眞砂子『夢の封印』より引用
  • 食堂の内装もな、少しでも故郷を偲ぶよすがにと奥村は思ったんやろな。 三浦綾子『ちいろば先生物語』より引用
  • 後の5000系の更新の際に本系列の内装デザインが採用されている。
  • どんな内装なのか、料金はいくらなのか、看板を見ればすぐにわかった。 池上永一『シャングリ・ラ 上』より引用
  • 流線的なフォルムになっており、新たに頭部にバルカン砲が内装された。
  • 八年前の事で覚えていないのか、それともあれから内装を変えでもしたのか。 奈須きのこ『月姫 翡翠 true.txt』より引用
  • 彼が内装と設備を任されていた住宅で、施主のクレームが出ていたのだ。 夏樹静子『風の扉』より引用
  • しかし内装を見れば分かる通り、ここで生活していたのは一人だけだろう。 鎌池和馬『とある魔術の禁書目録 第15巻』より引用
  • 工事中で内装が空っぽのため、間に障害物となるような物は何もない。 鎌池和馬『とある魔術の禁書目録 第07巻』より引用
  • 店の内装も、客が少ないせいもあるのだろうが、いつもどことなく暗い。 阿刀田高『花の図鑑(上)』より引用
  • 内装の趣味しゅみも良く、イタリアの現代建築けんちくの雑誌にでも出てきそうな雰囲気ふんいきだ。 賀東招二『フルメタル・パニック!短編集01 放っておけない一匹狼?』より引用
  • ニューヨークのロフトのような内装の居酒屋で酒を呑む気にはなれない。 柳美里『タイル』より引用
  • 内装更新が施工されていない編成でも座席モケットが更新されている。
  • 中にあるのは、研究所というより計算室といった感じの内装だった。 鎌池和馬『とある魔術の禁書目録 第05巻』より引用
  • 建物はそのままだけど、内装やそのシステムなどはやはり新しくなっていた。 赤瀬川原平『ごちそう探検隊』より引用
  • 次へ »